最近、ここに行ってないな~
行きたいな~

さて以下に書いてる事は楽しい話じゃありません。コミュ障のドライバーについて書いてます。
そういう事に関心の無い人にはお勧め出来ません。只の悪口としか認識出来ない人もいると思いますよ。
-----------------------------------------------------------

この前、元同僚で一種大型の運転手のR君が来たときにこのブログを見せた。
ちょうどミニカーを使ってバックの話を書いてた時だ。
スマホで動画を撮るから黙ってろと言ってるのに全く口を閉じない。
しまいには
「こういう奴がいるんだよ、ミニカー使って考えてる奴、ガハハハ
運転手は腕で覚えるんだよ腕で!実際に運転して覚えていくんだ!
前に来てたトレーラーの運転手も言ってたよ、馬鹿だな、ガハハハ」

ほんと、頭悪僧
何時も直接彼にはそれを言ってるのですけどね。

やって覚えるというのは正解だ。
でも、基礎も何も分ってないのに実際に運転して車を動かしても
覚えるまでには時間が掛かる。
何年も何年もかけて覚える、そういうものが知識を与えた瞬間理解して
直ぐに出来るようになる事もある。

トレーラーの動きなんて、乗ってみないと分らないのですよ。
普通車からトラックに乗り換えるくらいなら、車両感覚を掴むくらいで済むけど、
トレーラーはセミトレーラーでもフルトレーラーでも動きの基本がそれらとは違うから
そこを理解しない事には始まらない。

「考えてバックする馬鹿が居るんだよな~」
そういう事をいう運転手、確かに居ますね。
考えないで出来るならそれはそれで良いと思いますよ。
ただ、そういう人は必ず自分の腕自慢しかしない。
というか、考えてないので上手いんだという自己評価しか出来ない。
自分のやってることを客観的に説明できないに過ぎない。
(トレーラーの場合は中々説明が難しいですけどね。)

彼らは自分より上手いバックを見ても中々素直に認めようとしないで難癖を付ける。
媚びたい人しか褒めたりしない。
そして他人に教えることは絶対に出来ない。
そういう自慢厨で同じ自慢をループして話すか、深い話の出来ないのは
コミュ障かおつむが足りないかなんだよ。
そういう人に傾倒したいなら、すれば良いんじゃないかな?

結局、そういう誰かのほかの人の意見があるというのは、自己擁護できると思ってる。
自分に客観的な承認があるという事を言いたいのだろうと思う。
じゃあ、俺の前につれて来いよ、じっくり話してみるよ。
本当にその道のオーソリティ(権威)なのか、深い学識があるのか話して確認します。
まさかタダの多数意見であって、それが法律や学問に根ざしてないなんてないよね?
お子様や素人の集まり、集団ヒステリーの多数意見が常識だなんて事はないよ。
皆が言ってる、とかさ、常識、とかさ、だいたい的外れだ。
じゃあ、誰と誰が言ってるのと聞き返すと、実は一人だったり、2人だったりなんてことは良くある。
信憑性を持って頑張って嘘をついてしまう。
人間、そういう事は誰にでも起こりえるね、うん。
年食った成人がだから自分は正しいと言い出す輩も多い。
そういう見た目じゃなくてさ、人を納得させる話は出来ないの?

年齢だけが何かの事を証明するという事はあまりないよな。

また、経験談しかしないのもおかしい時がある。
そういうグループの話を横で聞いてるとお互いの話を聞いてるようで全く聞いてない。
相手の話が終わると「でも俺はね、もっとすごい事があるよ」「もっと凄い話を知ってる」となる。
相手の話のツボに反応する事が無い。共感を全くしていない。
批判も同じで、最後の「分かるとよね?」というような文句で締めると「分かる」と返ってくる。
然しながらその話を展開する事は無い。
自分の批判話を話し始める。
同じように締めくくるが、相手の話は全く入ってない。
結局、互いの話がループしてるだけで気分のテンションが同じというレベルだ。
こういう時に先輩とか年功者での何か変だなと思う。
彼らの話は無駄に長くてエンドレスだ。抽象性や客観性の無い感情論や経験談のみだ。
こういう連中のみんな言ってるというのも見当違いなのが多いし、
いざ説明させると互いの話が耳に入ってないのが良くわかる。
コミュ障なんだと思いますよ。

自慢話の上書き合戦に負けると、相手を恨みだすしね。
適当にハイハイ言ってると、言い負かしてやった、
とか承認された尊敬された、つまり自分の方が上だとというような事を言い出して、
誰々のくせにとか言い始めたり、面倒な事この上ない。
小馬鹿にしてやるか徹底的に相手にしないかしないといけないウンテンシュは実際多いな。

拘束時間内外問わず無駄なエネルギーを使って消耗し、仕事には集中力を発揮しない。
無駄に早出残業したり、仕事を無駄に長引かせ、帰らずに喋ってて仕事をしたつもりでいる。
元々集中力の無い人間に多いとも言える。
職場の和を保つ為の仕事だなんて口の上手い奴はいうけど、口を動かせ。
和を保つ以前に仕事をしろという話だ。
仕事を一人前にこなしている一人前同士の和を保ちなさい。
半人前同士で一人前の人の批判や会社の悪口を言ってる。まさに半人前の所業。
配達行って来たから仕事はしたって言い張るけど、
終業や積み込みに尋常じゃ無い時間がかかっていれば日中何やってたのか訝しくなる。
好きで無駄なループ話をしておいて残業を人一倍やってるとか言い出す輩もいる。
喋ってて仕事の手が遅くても同じ。だからいつも小言を言われる半人前扱いなんだよ。
こういうのは所謂職場の人罪という奴だ。
車の運転は荒くてめちゃくちゃ飛ばして移動時間は早いが全体では労働時間が長い厄介なのが多い。
運転の上手い下手というのは速度の早いことじゃ無い。
仕事が早いというのは車の移動時間が早いということじゃない。
車の操作の上手下手では無いんだが、それを分かってくれない。
社会に貢献する優良企業と云うのはそういうのは必要無いんだ。
結局、アホだから貸与されてる車両でぶっ飛ばす。
人間、タガのはずれる時はあるよ。たまになら理解できるし見過ごせる。
常にタガが外れててどうする。


肩書きがある人でも意味の通じないことをいってるなら、話に意味は無い。
肩書きが無くても意味の理解できることを言ってるなら信用するさ。
実際、どういう意味で話したのか確認してみないと、
君が歪曲して取ってる可能性もあるだろ?
そして私は徹底的に話をさせて分析してみますよ。

経験が足りない若者は他人を測る時にテンプレートを用いる。
血液型正確診断だったり、コンビニの店頭で売ってるマニュアル本、ハウツー本に
書いてある人間の評価テンプレート、ネットのまとめ記事の単純なテンプレート。
そういう型に嵌め込んで人を見る。
だから、表面的にテンプレートと同じでも内面で違ったとしても、
あなたはどういうタイプの人間だ。そういうタイプの人間は何を次にする。
どういう行動基準があるんだ、などと自信満々に間違えている。 
ある程度の分類は誰でもやるから良いとして、
的外れな想像から妄想を拡げ被害妄想を膨らますのは傍目に怖いものがある。

いい年したおっさんでもおばさんでもそういう浅はかなな人は多いよ。
型に嵌めて見る人。レッテル貼る人。
間違ってないこともありますけどね、通して長々話を聞いてると、引用の矛盾や
話のループに陥って行く事が多い。
そういう場合、この人はコミュ障なのかな?と思いますね。
そういう分析をして学ぶ時期はある。私もそうだった。
でもさ、何時までやってるの?と思う事がシバシバありますね。 
人が作ったテンプレート・雛形を利用するだけじゃなく、自分でしっかり考えて現実認識して欲しい。
どういう分類かだけを考えてる学者じゃなくて、新しい分類を定義してみれば良いじゃ無い?
結局70億人いたら70億の定義をする事になると思うけどね。
ネトゲでいったら単細胞・単純思考者を脳筋と云うけど、自分で複雑に考えようぜ。

一見するとこの文章自体も分類しているように見えるだろう。
これは結果から書いていない。
原因の側から何が起こったか発生するかを書いてるから個別の事案を出して要点を述べている。
A型だから几帳面、B型だからいい加減なんていう根拠の無い偏見の形とは混同して欲しく無いところですね。 

何が違うのか。
先入観と偏見というレベルまで思い込んで、新しい事実を見ても方向修正しない。
誇大妄想に成ったり何もされてもいないのに被害妄想を膨らます。そういうのが怖い。
話したいだけ話をさせて質問に移ったときから、
矛盾点を指摘し始めるとこちらの話は聞かなし聞けない。
言葉を遮るし、聞いたとしても理解できないで針飛びするレコードみたいになる。

「あんた、スピード違反した事あるだろ。違反する野郎が他人に説教なんて出来ないんだよ!!!」
去年もこんな台詞を聞いた。
50才目前でこんな事をいう。小学生なのかキチガイなのか、本気で言ってるのが怖い。
当人は正論のつもりらしい。

コミュ障の人間に多いことだけど、コロンブスの卵的な発想だ。
自分の悪行は弁護できない。ならば相手を否定すれば良い。
自分が正しいか間違っているかを証明するのは、相手を否定すれば良いという事だ。

だから無茶な比較論が登場する。
草野球をやっていたとして、お前なんかプロに比べれば話にならないんだ、とかいう。
そりゃそうだろう。
先生だったとして、お前なんか小学校の何とか先生に比べれば、器が小さい、とかいう。
言われているその小学校の先生を知らないし、器が大きいか小さいかと云うのは
余程の人格者か年功者が特殊な状況に於いて発言する言葉だ。

ネットの叩きでも良く見られるけど、どこか正しいようで居て、根本的に間違っている。
論説を繋げると意味が分らなくなってくる。
どんな些細なミスでも見つければ徹底的に叩く。
そこに加減や看過するといことは無い。
あらゆるルールを捻じ曲げて自分らに都合よくして子供の王国でも作りたいのかね。


自分が正しいという前提である以上、他者が間違っているとしなければならない。
その理由を彼らは常に探している。
それが過ぎると大きな犯罪を起こすものも居る。
自分から攻撃をしても、正当な理由があるのだと主張する。
それが誇大妄想か被害妄想だ。

この前の津久井の障碍者を襲った事件の記事を読んでいて同じ事を感じた。
「障碍者」が「彼」を理解しない、という事を理由に挙げていた。
そして、ヒトラーが降りてきた、なんていうのは自分への理由付けの最たるものだろう。
参議院議長宛の手紙で、如何なる理由があるかを述べている。
「理由」があるから自分は悪い事をしても2年で釈放して欲しい、というのだ。

蒲田であったトレーラー殺人では、他の自動車が自分の前に割り込んできた。
だから制裁を加えようとした。
結果、対向車線の車とトレーラーブレーキでスライドしたシャーシが衝突し、
対向車のドライバーがお亡くなりになった。

俺を怒らせたらどうなるか教えてやる。
こういう考え方が実は氾濫している。大人だったら、分別はある。
彼らの良いわけである「常識」と云う言葉は社会規範や法律と照らして
正論だという事じゃない。自分がそう思うという事を主張する時に、
安易に出てくる言葉だ。

海コンの話。以前新人に配車係に電話をするなと助言した。
配車係に電話をすると、全車への命令系統が停まってしまう。
その新人は憤慨して反論してきた。
配車に聞くのが一番正しいのだと。
何故、自分がそれを選択したかのその正当性、考え方の完璧さを延々と話し出して
こちらの話を聞く気はない。結果の事は忘れて過程が如何に正しいかという論点のすり替えになって、もう私は聞くのをやめた。
ハイハイ、偉いね〜賢いんだね〜

一切の自分への助言は、全て自分を否定することだ。 
こういう話をすれば言い方が悪くてプライドを傷つけたから反論してるんだ、何て論旨のすり替えもよくある。ものの言い方が乱暴なお前が悪いと。
そうじゃ無いんだよね、全部の自分を肯定して欲しいという幼児期のレベルのプライドの高さがそれを言わせてる。 
相手が先輩でも先生でも有名人でも、他の誰かと比べたり何かと比べて都合よく相手の人格否定をする事で、自分の正当性や優位性を確保しようとする。
自分が正しいかどうかでは無く、相手を否定出来れば自分の正当性を証明する必要は無いということだ。
発達障害では他者を認識出来ない。
物心のついていない子供と同じ。
自分しか存在しない世界の住人なのだ。だから、自分は正しいの一点張りで反省したり顧みたりしない。
大人が意図的に自己中心的に振る舞う事とは意味が違う。自分しかいないから自分の事だけ考えて振る舞うのは当然の帰結なんだ。

助言も諫言も不可能なのだ。 

以前そういう女性と暮らしていた。
当時はメンヘラ彼女という言葉もまだ無くて、こういう話は誰も分かってはくれなかった。
幼女と暮らしてるようなもので、子育てをしているような気持ちで過ごしていた。





駐車場の出入り口に施錠をしている車庫があった。
盗難事件があってからだ。
みんな真面目に施錠していたが、面倒で仕方ないと思うのが入社してきた。
あらゆる規則で手を抜くしかって高速を使いまくって、
自分1人では悪目立ちするから仲間を作り始める。
施錠をしないのは直後に来る人を慮っての事だ。
クソ真面目に施錠する野郎は迷惑なアホだと他人を攻撃し始める。
本当に他者を慮るのなら、施錠してセキュリティーに穴を開けない事だ。
クソ真面目な野郎は「器が小さい」。
器量の大きい人間とは何か。真に評価されるべき人物とは如何なるものか。
そういう話をする前にデスパッチの使い方を覚えろ。
1年も2年も経ってて仕事を覚えないのはクズでポンコツで、
大きいとか小さいとかの問題じゃ無いのだ。

前の会社で。新秩序を作ってヒエラルキーを再構築するのだ。
要約すると彼らはそういう事を言ってた。
そういう中で、1人でも勉強して新人にも教えてる私は目の敵だ。
ベテランが教えるべきだというならそうすれば良い。
問題はだ、10年20年やってて専門用語をロクに知らないし専門知識が無い。
教えようにも教える中身がない。
僅かな知識やスキルは徒弟制度や一子相伝の様に伝えるものらしい、
彼らにとっては。それで頭の回る人達を目の敵にして揚げ足を探して悪口を言うしか無い。
ただ教えてる人間が憎いと逆恨みしている。
また、知識に偏った頭デッカチと私を非難してたな。
そういうのはね、現実を知らずに屁理屈をこねてる少年や青年を指していう。
自分たちの事だろう。
もうああいうのは手に負えない。

勤続年数や経験年数、派閥選抜でこういう連中に教育係りをやらせても、
配送助手にして何も教えず世間話と派閥勧誘で日が暮れてしまう。
教育期間中は、通常の処理時間より多くなるものなのに早くなってしまっていたら、
そういう事かもしれない。
教えながらやってれば時間がかかるはずだ。
手際の悪い新人にやらせてれば、遅くなるはずだ。


「経験こそ宝なり」
そういう事は確かにある。
ただ、勉強して覚えておけば無駄にしなくて済むことの方が多い。 
一々事故って経験しないと分からない。
経験者にしか語る事が許されない。
そんな事を言ってるから子供扱いから卒業出来ない。
勉強してきてれば分かるし、知らないなら今から学べば良いだけの話。
勉強が必要無いもので、今あるがままの自分を承認して欲しいと思ってても
それは叶わない願いですよ。


仕事でトラックに乗ってる私達ドライバーは、利益を生む事を求められている。
無駄な事をしないで生産性を高めることが勤め人としての役割だ。

実際のところ、2トンから4トンから大型から、社員教育をする会社は少ない。
免許を持ってれば運転できるだろうくらいにしか考えてない管理職も多い。
自前で訓練センターを持ってる、社内試験があるというような会社はごく一部に限られている。
こういう状況の中だと、いきなり一人で車を任されて配送をやったりすると、
「一人前」になったような錯覚をする足りない人間が多い。
教育しても諭しても、「一人前の自分」がそういう事を言われる筋は無いと逆情する者も多い。
だから歳をくってもオツムの足りない「運ちゃん」「ウンテンシュ」が多い。
経験の長いど素人とも言っても良い。
見た目はいい歳こいたおっちゃんでもね。
まあ、こういう事は運送業界に限らず、あちこちでありますけどね。


最近はすっかりミッション車が無い。
普通自動車での経験が無く、FFもFRもミッドシップもどう違うのかわからない人が大半だ。
MTが分らず、駆動輪方式の特性も分ってないから、
「荷重移動」や「加速度重」を無視して人も多い。
排気ブレーキやリターダーの意味も分ってない人も多い。
やばいと思うんだよね。

カーブに入る前に減速が終わっていて、ミッションが速度に対して適正な選択になっている。
そして、どこから加速を始めるのか。
トレーラーだとクリッピングポイントを過ぎてから加速するのは早すぎる。
シャーシとヘッドの腰折れ角がかなり展(の)びてからか一直線になってからが望ましい。
車の特性上、横Gの掛かり方が連結部分から後ろではワンテンポ遅れて挙動が起こる。
それが早いとヘッドの横Gは無くなってても、シャーシには横Gが働いている状態で加速を始めると
横転する危険性が増す。

カーブの途中でブレーキをかけることも同じだ。ヘッドは曲がろうとしていてもシャーシは直進の
加速度が働いてしまう。
物理法則を理解していれば、実際にやらなくてもお分かりでしょう。

分らない人が多いのだな、これが、、、、、

2トントラックでも10トンでもそれが分ってないから荷崩れをやってしまう。
トラックはトラックの動きなんだからそこで「プロの腕前」をご披露して、
急発進、急ターン、急減速はしなくて良い。
ギア比が違うのに、乗用車より早く加速しようというのが根本的に間違っている。
峠道や首都高で高い速度をコントロール出来る所見せびらかしたりしなくて良い。
車をロールさせない綺麗な運転をするのが本当の腕前なのだよ。

ハンドルの内側に手をかけたり袈裟掛けしたりしてハンドルをガバッと回そうとする。
そういうのってカッコ悪い。
イニシャルDじゃないが、タイヤは最小角度だけ動かし、エンジンの回転数で曲がっていく。
ブレーキングは姿勢を整える。
車の性能が上がってるので、そういう事が分らなくても相当な速度を出せてしまう。
そして自分の腕を過信する。一人で運転してればなおさらで、客観的な正しい評価で
諫言されたりアドバイスされたりを疎んで、怒られないで過ごしていると、更に御バカになって行く。

トラックもオートマチック車が主流に成りつつある。
だから、MT経験が無いとか責めても仕方ない。
でも、その特性を理解するにはMTの方が良いのは厳然たる事実だ。
荷物の状態によってはFRだけど、MRみたいに運転した方が良い事もある。
アンダーステアとかオーバーステアとか理解した方が良い。

左折ならギアを二段落とす、右折なら一段落とす、
カーブなら、旋回半径に対して速度をあわせるために何段落とすのか、
ブレーキングは何時終わっていないといけないのか、加速は何時始めるのか、
最低限、そういう事は分っていて欲しいものです。

運転免許の制度的には、取得から何年でどの免許が取れるか決まっている。
誰でもその試験に合格すれば、運転して良い事にはなってる。
しかしながら、そういう基礎知識も無いのにいきなり大きいのに
乗り始めて気位ばかり大きくなる輩が多いのですよ。

お金を出せば誰でも免許なんて買えるんだ。
昔の自動二輪の中型限定解除みたいに取らせてやらないというような運転免許は今は無い。
大型の運転手で多いのは、2トンや4トンのドライバーを馬鹿にする輩だ。
基本的に人間の中身の問題で、運転してるもので偉いもくそもない。
寧ろ、基本的なことも分ってない、チェーンも撒けない、そういう人が何を言うかと思いますね。
2トンで基本的な事から覚えてステップアップしてる方が良いと思う。
荷捌きの知識とかもね。パレットに商材を「なん回し」で積むとか、養生だとかさ。
車両整備、チェーンを巻くとか、タイヤローテーションとか、小型の方が楽に作業できることが多い。

社会に出て早い時期から一人で作業するような環境だと、
教えて貰う事も少ないし、協調性や上下関係で生きていく事に疎くなる。
そういうのが出来ないから運転手をやっていますという輩も多い。
この運送業界、そう意味では底辺の人材が多い。
他業種からの転職組みの人は経験の長いど素人には係わらない事をお薦めしたい。
結局生産性を求める会社組織では、普通の仕事の出来る人じゃないとツカエナイ。
上記のような運転技術の話も覚えるのが早い。
自家用車で峠を走りこむような時代じゃないからね、
自分一人で覚えようとしたら時間が掛かりますよ。

経験こそ宝なり。だからって事故を繰り返してもらっては困る。
知識があれば回避できる簡単なミスを、実際に経験してみないと分らないのでは
運転手は辞めて欲しい。才能が無い。

そして運転免許に権利は無い。
お国から認可を頂いて、特例を免除されているので義務しかないのだ。
国民の権利と義務とかと一緒にして勘違いしないで欲しい。 

コミュ障だったとしたら、発達障害なんだから、
それは身体的な能力の問題である。得手不得手は誰にだってある。だからその能力云々は問題じゃ無い。
そういう自分の特性を自覚して自分をコントロールして欲しい。
だからなるべく当人にはそれをハッキリ言う事にしている。
本当にどうでも良い奴には滅多に言わない。



 もしあの時の中絶手術の費用の請求の時の話が嘘で、もし子供が出来てたなら、成人しているな。
彼女にCRM50を買わせて運転の基礎を川原で教えてたことがあった。
仮に息子が居たとしたら、今は車はATが殆どだから、
まずはバイクで運転というものをその息子に教えるかもしれないな。
もしかしたらジムニーや中古のロードスターで教えるかもしれない。
比較的に値段が安い中古のクラウンやセドリックなんて絶対に買わせない。
同じ金額で車のクラスが下になっても、MTを買わせるだろうな。
良い車はさ、最初から乗るのは良くないよ。
乗せられて終わる。

まあ、そんな車にお金を掛けずに車の動きを覚えたいなら、やっぱりゲームだな。
良いシュミレーターが沢山ある。
結局、若い時に遊んだ奴の方が後々の肥やしになる。
整備やカスタムなんていうのは良い修行になる。
或いはツーリングやドライブだね。

神奈川にはスリックカートで遊べる所がある。
たまに後輩とか連れて行くけど、面白いからお薦めしたい場所です。

ビッグバン・サーキット
http://www.big-bang.co.jp/circuit1.htm






勝手にリンク張りました。ごめんなさいw;