セミトレーラーのバックはイメージが大切です。
特に左バックでは重要で、空間認識と動態シミュレーションが出来ないと厳しい。
ビギナーでは、トレーラーの基本的な動きの「カタ」が分らない。
実車で練習しても大して上達しないのは、このイメージを掴むのに時間が掛かるからです。
教習所でもいきなり運転から始まる。どう動くとか説明する座学は無い。
本来、前進中の左折や右折の練習しなければならないが、これも殆どの場合は無い。
私の教習中に大型の免許を取りに着ていた50過ぎの女性が居たんだけど、
「後輪を見て曲がる」という基本を知らずに何度も路肩にタイヤを乗り上げて派手に飛び上がってました。
教えたら「なんだ、早く教えてよ(*`∀`*)ノシ☆バシっ」って(´-∀-`;)

ここで使っている用語が不明の場合は、前項の冒頭を参照してください。
 
海コン・セミトレーラーの車庫入れ・バックの練習 : はまかぜの旅団





以下の動画はセミトレーラーのバックの基本的な動き方です。




トレーラーの旋回半径は腰折れ角によって大きくなったり小さくなったりします。
ホイールベースは可変するからと言っても良いでしょう。
トラクターヘッドとトレーラーの作る腰折れ角の大きさで、回転半径が変わります。
左折する時に腰折れ角を大きくするとサイドミラーに後輪が映らなく成ります。
サイドアンダーミラーを見て後輪の位置を確認します。

右左折の時にハンドルを大きく動かしすぎると、後輪の軌跡を予測できなく成ります。
右左折の時の行動の始まりに腰折れ角をつけたら、ハンドル操作は停止して、
一定の腰折れ角のまま曲がり始めます。
内側に切れ込むのが早ければ、腰折れ角を伸ばします。
曲がりきれないようなら、ハンドルを切って腰折れ角を深くします。

これはバックの時も同じで、ハンドル操作を止めずに回していると、
トレーラーの後輪の軌跡は刻々と変化するので、軌跡を予測できなく成ります。
経験者がハンドル操作を常にしているように見えることがありますが、
ハンドル操作を脳内で止めてる一瞬があって、その瞬間と云うのは基準点です。
基準点に対して切り増したり戻したりしてます。

また、腰折れ角はハンドルを操作しなくても、どんどん大きく成ります。
上の二つの動画を見ると分るでしょう。

前進の動きを理解できたら、この後進時に腰折れ角が増していく事を十分理解しましょう。

割り箸を使ってトレーラーの基本的な動きを見る
 


 一輪車のイメージ合成

--------------------------------------------------------------------------

狭い場所や県道幅での車庫入れ。


1
バックを始める前の姿勢を作る。
写真のようにヘッドを少し右後方に、トレーラーはもう右後方に少し傾けておく。

流しバック2

バック開始。
トラクターヘッドの左隅は線を越えない。

流しバック3

必要に応じてハンドルを切る。
少し切ったら正位置に戻す。
少し切ったら正位置に戻す。
これを意識する。
トラクターヘッドの前の左隅が線を越えないように注意する。

流しバック4

ハンドルを切ってヘッドを起こす。
頭を振っても、前の障害物にぶつかる事は無い。

流しバック5

流しバック6

車庫入れ完了。


--------------------------------------------------------------------------

定角度旋回と流しバックの併用例

定角度旋回1

げΣ!(;゜д゜) 
せ、狭い(;´Д`)ヾ

定角度旋回2

今日は右寄せから定角度旋回をやってみよう。
(実際にバックをする場合は、写真の位置の2~3倍の遠くから始めます。
より遠くから始めた方が腰折れ角が大きく成ります。)

定角度旋回3

おし、この角度を固定していくぞ!

定角度旋回4

キングピンの位置が段々左の壁に近づいている!Σ(;゜д゜) やべ
ヘッドを起こして流しバックに切り替えよう。

定角度旋回5

我慢、我慢、左隅と左ミラーを引っ掛けないようにと、、、
右の内側が大丈夫か
((゚д゚o)キョロキョロ(o゚д゚))

定角度旋回6

もういいいか?
ハンドル戻して、切って、戻して
タイヤの角度は正位置にして様子見、切って戻して腰折れ角を様子見。

定角度旋回7

ハンドルを正位置にして流しバック

定角度旋回8

おK~~~~~~~~~~

ん~写真の例にちと無理があるがいいかw;
定角度旋回を行動初盤にやるか、後半にやるか、
状況次第ですかね。

まあ私の場合、こういう倉庫が毎日ですが
だいたいタイミングが遅れて、左バックになったり、
腰折れ角の修正のために細かく前後に動いたりしてます。
上手く成りたいなw;
--------------------------------------------------------------------------

車庫入れの時に初心者がやりがちな失敗。

車庫入れ1

右のラインに対してこの位の角度がついてしまってるのに
バックを続けて修正しようとする。

車庫入れ2

するとだいたい、こうなる。
トラクターヘッドの向きを変えすぎることになる。
そして、トレーラーの方向も反対を向く。
トレーラーの後輪が右のラインにせっかく乗っていたのに
大きく離れてしまう。

なので、
車庫入れ1

こうなってしまったら、

車庫入れ3

前進する!
バックを継続しない。
ベテランでもバックで修正できる人はまずいない。
というか時間の無駄。

右後方、トレーラーのタイヤとトラクターヘッドの右前輪が
ラインをトレースするように前進する。
腰折れ角をゆっくり展(の)ばしていく。

車庫入れ4

腰折れが直ったら、またバックをする。
ずれたら、同じ事をやり直す。
ハンドルはこまめに戻す。
タイヤの角度を正位置にして、ちょっと切っては戻す、
ちょっと切っては戻す。腰折れ角度を調整する為だけの最小の操作。

ハンドル操作はトラクターヘッドの方向の為に行う。
これが腰折れ角の調整だ。
トレーラーの方向を変えるのは腰折れ角の調整で行う。
くどいが、ビギナーはこれを忘れないように。

車庫入れ5

左バックでは、トラクターヘッドの右後輪がラインに乗る瞬間、ちょっと前に
ヘッドを一気に起こすと良い感じに真っ直ぐになってくれる。
カモ知れない。
お試しあれ。

--------------------------------------------------------------------------

ラジコンを買える余裕がある人は、買うとこの動きが早く理解できるとおもいますよ。
保障しませんがw;




----------------------------------------------------
基本のアプローチ1
----------------------------------------------------



まず、ホーム側に近寄る。


ホーム、または奥を確認する。障害物やラインの有無をなるべく近くで見る。



そして基本の「カタ」を作る。トレーラーは最初からなるべく斜めになって他方が良い。
ヘッドは流しバックの為にトレーラーよりはホームに対して平衡に近い。
この姿勢から始めることによって、腰折れ角が最初から大きいのでハンドル操作は最小で済む。
腰が伸びた状態で始めると、ハンドル操作が多くなる。


流しバック。


ヘッドを起こしていく。



あとは直進バックの方向修正だけだ。



----------------------------------------------------
基本アプローチ2
----------------------------------------------------

保税倉庫か配送センターに到着。
ライターのところに着けろと言ってた。


ライターに向かってGO~


ライター周辺の障害物、凹凸、ラインを「目視確認、ヨシ!」♪


せいや!と左に切って車体をホームに対して起こしていく。


そして、流しバックの為の基本の「カタ」を作る。


流しバック


完了~



ホームの先が余裕があるなら直進バックをした方が良い。


ググッ!と起こす。



真っ直ぐなった~
まあだいたい、ビギナーであればこんなに上手くはいかないw
だから上のやり方になるか、直進バックの方向修正という事になる。
こういう事が出来るのは空間認識と車体コントロールの上手いベテランです。
横浜港だと、D5 MOのギャラーバックを見てると分りますよ。
窓も開けずに直進バックだけにもち込んでるのが一番スマートだ、と私は思いますよ。



まずは直進バックです。
蛇行するのは、腰折れ角を見ないで単車のように車体後端しか見てない証拠です。
交互に後端と腰折れ角を見ましょう。
ハンドル・タイヤ角度は正位置からあまり動かさないこと。




教習所でのバックのイメージ。

目標に対して直角に車庫入れをしようとする。
これが試験課題ですからね。
だから、ビギナーはこういう状態からのバックが基本だと思ってる。
トラクターヘッドとトレーラーが一直線で、目標の近くから始めようとする。
これは難しいのですよ。
そういや教官がクチをすっぱくして、バック開始の停車の時に
腰折れ角を作れといってたな~
忘れるんだな~これがw;


この写真だと、無理だろうな、おれ。
もっと前進して始めないと入らないと思う。

 











閑話休題

一流のプレイヤーが一流のコーチや監督になるかというと、そういう事は少ない。
バイクのレースだとセッティング能力なんかも問われますが、身体能力を補う、強化するのは考える事だ。
教えるには悩んだ人の方が向いてたりする。とにかく、考える。
イメージする。
教える才能というものはありますよ。
そういうのは年功序列でやってっと、無駄になるよ。


-------------------------------------------------------------------

次の記事の解説で使用している画像

1145a1a7db5