昨日ようやく分った事があります。
昨年、某所で自分、出入り禁止になりましたw;
その件です。

top_02


何でかって云うと、
そこのフォークマンの言動が支離滅裂で、
終いには胸をぶつけてきて
わめき散らしてるんで、
「何をいってるか分らない。」
とハッキリ丁寧に言ったことがトドメに成りました。

まあ、形的に暴力を振るわれたし、向うの事務方が、
当時私が所属している会社に電話してきて、
終業後にお会いしましょうと云う事になりました。
事情説明できると喜んでいたらその話は無しに成りました。
そのフォークマンが支離滅裂なのは当時の私の居た会社では
全員知ってたし、向うの事務方も知ってたんでしょうな。
でも及び腰になって話をなくしてしまった。
良い機会だったのに。

「俺の指示通りうごかねぇ、お前バカか!?」
目をカッと見開き、歯を剝いて頭を指を差して怒鳴る。
指示は無いんですよ。
俺の俺の俺の、こればっか。コミュ障なんだよね。
医者に行けば障碍者認定を受けることが可能なADHDだと思う。

「決まりどおりやらねぇ」
その決まりは無い。
「うちは何時も動きが決まってるんだ!!」
決まってない。状況によって頭の向きも違うし、
積み下ろしの場所も変わる。

「お前の会社は前からバカばっかりだ!」
そうなんだよね、自分が入った時もその前も後も、
特に新人を狙ってそういう事を繰り返し発言してたし
その頃もそれは変わりなかった。

新人だと自分と自分の会社が悪いと思ってしまう。
誰もそのフォークマンの指示や文句を理解できないから
先輩が教えるのも難しい。
そう確かに、教わってない。
教えようながないから「気にするな」としか言われない。

「そこまで云うならマニュアルを作ってください。
ルールと指示が分りません。会社同士の問題です。」
そうと言ってERを回収しに行こうとしたところ
私の進路に立ちふさがり胸をぶつけてきた。
そして直ぐ後に到着した先輩を指差して

「お前の所為で、この車が降ろせないだろ!観てみろ!」

全くなんの問題もない。
下ろせない理由が見つからない。
車の位置関係、直ぐ隣のバンニング屋さんも閑散としている。

既に16:20分くらいで、そこの回収VANは殆ど無くて閑散としているし、
近所の上屋の前に他社も居ない。
全く意味が分らない。

指示通りにうごかねぇから事故になる」
指示が無いのにそんな事を言ってて基地外じゃ無いかと思うので、
私も危険だと思いますよ。

文句言うにしても決まったフレーズが繰り返される。
お前の会社の運転手はバカばっかりだ。
そういう定型文、ある程度流通してるテンプレートに
従った定型文しかでてこないから状況と違う事を話す事になる。
事実認証能力に大きな欠陥がある。
極度のマニュアル型人間と言っても良い。
コミュ障なんだよな。

昨日、後輩のAさんと話してて、何がいけないかよく分った。
Aさんはそのフォークマンと仲が良いという。
Aさんは営業職を経験していて成績が良かったらしい。
それで、まあ、あのフォークマンが嫌いだという意識が
優先して今までその話になると
自分の気持ちが押してしまいAさんの話を良く聞けてなかった。

既に会社が変って少し冷静になってるから
Aさんの話も入ってくるようになった。

彼は絶対に2テンポ遅らせて行動するといってた。
例えばフォークが動き出して、爪がコンテナに刺さるくらいに
なってようやく自車を動かし始める。
フォークマンの視線が来たら、動き始める。

私は先を読んで行動する。
状況からみてどうなるか判断して先に行動を完了していた。
無線で回収指示が来たら、なんのVANがあるか
明細を読みながら現場に向かう。
だから他社のVANをつかんだら先に間違ってると、
行動を中止させてどのVANだとこっちから支持を出してた。

また優先順位の高いVANを指定していた。
これはどの道そうしないと配車に怒られる。
二度手間になって返却が間に合わないとか
搬入できない事があってはならない。
港の仕事の事情を分かっていれば自明。
だからこんな風に他所のフォークマンと揉める理由が無い。

彼は違う。
ちゃんと大人になった自分を尊敬し命令されるのを
順に受け入れて欲しいという感情が何よりも優先する。

そこが彼の怒りの原因だったんですよ。
あくまでも自分が「おバカなドライバーに指図している」、
こういう構図が欲しいわけです。
私は逆に、彼に指示を出してたようなものだ。

確かに私は営業職は駄目だったw;
おばかさんを喜ばすようなことは苦手なんですよ。
私が利口になって上手く使えるようになればいいのですけど、
そんなに頭良くないものでね、、、、、

率直な感想だけど、いつもコミュ症が喚いてるのを見るにつけ聞くにつけ、
その汚い罵り文句って自分が言われて最大限傷ついた言葉なんだろうと思う。
 だから私に対して脅しで使ってても、状況にあってないにでさほど傷つかない。
状況にあった言動が出てこない。

こういう汚い言葉で育てられたのかな?と、たまに同情しなくも無い。
「頭おかしいのか?」
あのフォークマンのお爺さん、
幼少の頃から延々言われてきたんだろうな。

だからって矛先がこっちに向くのは迷惑極まりない。
前の会社ではコミュ障同士の喧嘩が1件ありそれは私が止めの入った。
恨まれたw

一件はコミュ障が相手の先輩に怪我を負わせる。
怪我した方が年下で教育をする側だったんだけど、
コミュ障の方は教えられるのが嫌いだし、
言われても分からないから同じミスを繰り返す。

それで先輩がまた教える、繰り返し繰り返し。
そこで双方感情がもつれた。
んで救急車とパトカー数台という件になる。

もう1件は自分ですがねw;
意味不明に喧嘩売られてヤバイから取り押さえたら怪我をさせられた
被害者であるとして彼は警察を彼が呼んだ。
結局、自分の無実は証明されました。
支離滅裂なんだよな。

まだ退職してないのが数名の他のトラブルメーカーは相変わらず全開らしい。
なんか私の事で未だに騒いでいるらしいし。
ばったりあって何も無ければ良いけどね。
もううんざりなんですが。

ネットのノイジーマイノリティも同じだよなぁ。

-----------------------------------------------

彼らの言動は共通している。
いい年こいたおっちゃんが子供みたいなことをいう。
随分理解に苦しんできた。

共通点を整理すると
「ものごごろ」が付いていない。
そのものごころのついてない少年と話をしていると仮定すると、
彼らの言いたいことがよく分る。

精神的には幼児なんですね。
精神的な発達生涯という分類に入る。
発達生涯であって、いわゆる精神障害者とは一線を画する。
でもADHDなら障害者認定を取得することは可能だ。
本人と家族が望むならばね。

そういう状態で勝手に病名を特定して中傷する様なことも出来ない。
でも、状態的に正常とは言いがたいカテゴリーの人々を指す適当な言葉もない。
だから私はコミュ障という言葉を使用しています。
(コミュ障はコミュニケーション障害という病名とは違います。)

コミュ障にも攻撃的な面の強い人と、そうでない人がいます。
正直なところ攻撃性の強い個人とは係わりたくない。
しかし、医者は日本人の1割は潜在的に居るとかいいますけど、
そんな割合じゃないと思う。もっとパーセンテージはデカイはずだ。

コミュ障の人間と係わらないで生活する事は難しい。
だから私はせめて攻撃性の薄い個人とだけでもなんとか
仲良くしたいとは努力してます。
結構、シンドイ作業だけどね。

キレる人がいます。
最近じゃモンスター老人なんて言葉も目にします。
なんでそんな高齢になって子供のような事を言うんだろう?
そうじゃない、子供の時からずっとその状態で老人になるまで
ずっと同じだったんです。
老人になって急に何かが変ったわけではない。

毒母や学級崩壊の児童、一部のイジメの苛めっ子と苛められっこ、
話を深く探っていくとコミュ障の係わりを確信します。

この時代になって、社会が変ってシンドロームが発生しているわけじゃない。
確実に歴史の深いところから続いている。
それがネット社会になって顕在化している。

一昔前なら「アダルトチルドレン」、もう少し前なら「甘えの構造」
なんかで紹介されている。
ここいら辺で労使間、地域社会、自分の属するコミュニティで
真剣にコミュ障の人達との係わり方を検討したほうが良いと思います。

あえて誰かを傷つけようと思ってこんな事を書いているのではないという事を
蛇足ですが付け加えておきます。