MG(発電機)の使い方

MGをいきなり使えといわれてもねぇ。

各社で色々なタイプがあります。

要点としてはスロットルを引いて発電機の回転数を上げっぱなしにして、

十分な電圧を継続的にリーファーバンに送るという事です。

電圧が不十分だと、コンプレッサーのファンが回らないかもしれませんよ。


165
(リーファーのコンプレッサーのファン)


MG

エンジンをかけて、
スロットルを開けたままにする。

レバーを引っ張って回し、その長さを固定できないなんて場合は

クリップでも挟んで元に戻らないようにしましょう。


162

エンジンの回転数が上がると
発電量が増えてボルテージが
450ボルト位になる。
163

このくらい電圧が上がるとリーファーの室外機の
ファンが回り出して熱風が出てくる。


164

これをやらないと夏場はヤバい。
生鮮食品のみならず、揮発性の高い薬品や熱に弱い精密機器など、気をつけましょう。

VAN詰めに向かう場合は、倉付けする前に予冷しておく必要があります。

例えばマイナス30℃指定だったら、夏場だったら30分とか1時間前から

発電機のエンジンを始動すると良いんじゃないかな。

VAN詰め中は中に冷気が猛烈に出るので発電機のエンジンは停止です。


---------------------------------------------

MGの燃料の残量を確認するのは、


MGシャーシにリーファーバンを積んだ時

MGシャーシを使い終わった時

その時に必ず確認すると言っても過言では無い。積み置きし一晩寝かせた実入りリーファーバンで長時間使用するなら出発前に燃料の確認をしても良いくらい。

----------------------------------------------

今の会社のMGシャーシ、MGのエンジン回転数はスロットルを引かなくても設定されているので459ボルト前後は発電してます。

さっき読んだら上の文章の中で4400と表記してましたが、間違いです。ここに追記しお詫びします。

---------------------------------

2016.10.7

MGとは何か?wikiで見るとモータージェネレーターという事に始まり色々書いてます。

文系の人にはサッパリ分からん話ですなぁ〜 

鉄道好きの人ならよく分かると思います。寄稿者は鉄オタに違いない( `-ω-´ )

要するに1970年代以降は廃れたモーターと原動機を組み合わせたものです。発電容量は400ボルト以上です。

普通、日本の家庭では100ボルトを使用しており、工場などでは200ボルトを使用しています。

1990年代、私はバイクの整備の為にエアコンプレッサーが欲しかったんだけど、200ボルトだから借家住まいでは手に入れても使えないから手が出せなかった。。現在はホームセンターやネットで沢山の100ボルトのコンプレッサーが売ってますよね。

日本の工業規格では200ボルトが主流だ。だから冷蔵倉庫にリーファーバンを持って行ってコンセントを付けて台切りする場合、400ボルトと200ボルトのコネクターが用意されている所もある。

200ボルトと400ボルトではコンセント・コネクターのサイズが全く違うので間違ってさす事は無いでしょう。200ボルトは何故あるのかというと、一般貨物トラックの冷蔵車の為の電源だ。どうやら普通の貨物トラックのリーファーは200ボルトで動いてるようですね。

海上コンテナは1950年代からで、規格がグッと古いと良い事です。