-----追記-----------------------------------------------------------
時間のない人の為に要点だけ。
フリータイムが切れていたらディマレージの支払いが済まないと搬出できない。

さっさと別のVANを取るか別のヤードに行くのか待つのか、配車次第。
配車台帳を完璧に読めるんだったら、優先順位の変更を提案してもいいかもよ。
----------------------------------------------------------------

海コンのフリータイムである。座席移動が自由になって、
話したかったあの人といよいよお近づきになる時がきたのだ。
MAERSKバン6215は意を決してOOCLバン1068に歩み寄っていった。
2016-06-03-16-12-59

そういう色恋の話では全くありません。
どっちかと云えば物語りを観たり読んだりするのが大好きで音楽だってさ、
ブラバンに居たからインストルメンタルも聴くけどさ、やっぱり恋の歌が良いよね~
(ーωー)√~~~=3

さて、フリータイムです。
お船からコンテナがガントリーを使って下りてきます。
実入りバンもあれば空バンもあります。
今回の主役は実入りバン・輸入バンです。

岸壁には船の接岸料と云うものが発生します。
いくらか相場は知りません。
2016-06-03-16-12-08

LO-LO船(lift-on/lift-off ship)だったら沖合いで艀舟(バージ)に載せ換えてタグボートで引っ張っちゃえば
バージの接岸料なんて多分少ないから安く上がるかも知れませんね。
また、大きなコンテナ貨物船では岸壁の水深が15mくらいは必要に成ります。
横浜だったらマースクの大きいクラスに対応しているのが南本牧です。
沖合いにある南本牧は河川が近くにないし、浚渫工事は少なくて済みそうですね。
人工島は裾が広がるそうですから、そういうのではやるかも。

そうすると、維持費というものが掛かります。建設費用と浚渫の維持費を運営母体が
支払うには利用する貨物船から接岸料を取らないと成りません。
これは時間に比例しているようなので、短時間で荷積み荷降ろしが終わったほうが良いようです。

そういう訳で、チューリップ(ツイストロックの無いお皿のような開口型のシャーシ)を
引っ張った構内車は爆走してます。
一刻も早く舟から降りたコンテナを所定のテナーレーンに運び込み、
また戻って積み込みをしテナーレーンに戻らなくては成りません。

なので、一般外来の海コンの運送業者のセミトレーラーは30km以上出さずに
周囲の安全に気を配ってヤード内を走行してくださいという事に成ります。

ヤードの面積は限られています。
保管できるコンテナの上限数は決まっています。
このコンテナは一刻も早く中身の所有者に引き取って貰いたいのです。
そうしないと次の船のコンテナを下ろせなくなるかもしれません。
リーファーバン(冷蔵・定温のコンプレッサー付き)だったら燃料代や電気代も掛かります。

その該当する業者に一刻も早く引き取って貰うために、
保管料を免除する期間を設けています。
例えば5日以内だったら保管料は0円です、という具合に。
ヤードによって違うと思いますが、ヤードの人か乙仲さんに詳しいことは聞いてください。

そのコンテナを何故引き取らないかというと、嵐で舟が遅れたとか、
定期船の前回に間に合わなかったとか、スケージュールがずれて
受け入れ態勢が整っていない様な事が発生します。

トヨタの看板方式みたいなのだったら倉庫を持たずに必要な分をその日に
入れるような会社だと、保管場所が無い可能性だってあります。
海上コンテナのデバン(DEVAN)をドライバーがする事はありません。
やるとなったら3~5万円とか別途費用を請求します。
商材の専門性が高くて素人が触って責任が取れないとか、
尋常じゃない重量を手卸しできないとか理由は様々ですが、
とにかくドライバーは基本的にやりません。
普通は派遣社員さんかアルバイトの大学生を集めて中身をだすか、
港の専門の上屋や保税倉庫の作業員がそれにあたります。
(VANNING屋さん)

コンテナヤードを出荷調整をする倉庫代わりに使うという意味合いもあるかもですね。

運送会社の予定で何日にならないとシャーシの空きが出ませんとか、予約の消化で車が出せない、何月の幾日なら引き取り可能です、という事もあるでしょう。

そういうなにかの事情でコンテナの引取りが保管量無料の期間を過ぎると保管料が発生します。
これがディマレージです。
一日7千円~9千円、ヤードによってはもっと高いかもしれませんね。
4日遅れたら28.000円とか40.000円とかいった具合に費用が掛かります。
この保管料の支払いが済まないと、コンテナの搬出許可が下りません。
D/O(デリバリーオーダー)が来てない、許可が下りてない、切れてない、
そういう文言を海コンのドライバーは受付で良く耳にしますが、
こういう理由や通関の関係で搬出できないということに成ります。

乙仲さんはそうなると慌ててヤードに支払いに行ったり税関に問い合わせする事になります。
また明日という事になれば、また保管料金がかさんだりしますからね。
なのでヤードの付近を走ってる軽自動車や自転車便やバイク便は絶対に煽らないようにしましょう。

じゃあ、海コンの運送業者に早めに搬出させて、
彼らのシャーシプールに置いておけば良いじゃないか?
そういうわけには行きません。使えるシャーシが減ります。
シャーシプールで邪魔です。保安上の問題もあります。
守衛さんの居るシャーシプールでも、まあ別に他社のシャーシを
引っ張るのは怪しまれないし、簡単です。外来のトラクターヘッドは
ナンバーを控えられますが、その港で登録してあるヘッドで悪意のある
ドライバーが引っ張ろうと思ったら、可能です。

シャーシの先端下部に「キングピン」があります。
このキングピンがトラクターヘッドのカプラーに入って連結されます。
これらの部品は強力で、高速道路でぶら下がっても外れませんし、
テナーに持ち上げられても折れません。

image
キングピン

2016-05-28-21-35-11

盗難防止にはキングピンに鍵をかけます。
キングピンに被せる帽子の様なものです。
これを被せるとカプラーと連結する事が不可能に成ります。
ロックスミスが居れば解錠しちゃうかもしれないけど、、、、、

そういう訳で基本的に海コンの運送業者は実入りバンの保管はしたくありません。
輸入バンでも輸出バンでもです。
だから無理でも、16:30とかの締め時間にはうるさく成ります。

最悪でもヤードの待機場に台切って帰るか、繋いだまま夜を過ごすと
安全性が高くなるともいえます。
大井なんて、地方から何処に切るのさ?って事で結局並んでますよね。
変なところに台切ってシャーシと実入りを盗難されなくても、扉を開けて
中身を盗まれる事が無いともいえない。
朝一番から待機時間を減らしてこなせる本数を稼ぐ意味が強いように思いますが
保安面を考えるとなるべく運送会社では預かりたくないものです。



フリータイムってタイトルにしたんだけど、
実際のところは海コンドライバーに係わるエトセトラな話をしたかったんですね。
自分が始めた頃に中々ネットや人から知識を引っ張れない事を書きました。

こういう事は知らなくても仕事は可能です。
ただ配車係りには嫌われると思います。
こういう事が分っていると、時系列に考えて次に何をするかを
予想する一つの助けに成ると思いますよ~

一度、時間指定の付いた実入りバンの搬出で、お客様と直接連絡できるように
電話番号を相手に教えるからね、という取りに入ったらディマレージで引っ掛かってしまった。
お客さんが乙仲さんじゃなくて貿易仲介業者が日本語が余り堪能でない海外の方でした。
簡潔に事情を説明して、荷主さんとも連絡して料金の支払いをして貰ったから
配車係を通しての伝言ゲームで取られる時間が掛からなかったし、配車が滞ることも無かった。
ドライバーが何処まで知っていれば良いのかというと、多分全部だろうと思います。

ま、自分はまだ通関の仕組みとかまだまだ分らないことが多いので
あんまり知ったような事は言える立場じゃないけど、
誰かがこういう風に書いてくれることを祈りつつしたためました^^

2016-06-03-16-13-52

--------------------------------------------------------

フリータイム切れの意味
ーーーーーーコピペーーーーーーー


デマレージ(Demurrage)とは、
貨物の保管超過料金のことをいう。

船会社がコンテナや貨物の早期引取りを
促すために設定している保管料で、
フリー・タイム(無料保管期間)の期限内に
コンテナや貨物の引き取りがされず、

そのままコンテナ・ヤード(CY)や
コンテナ・フレート・ステーション(CFS)に
蔵置された時に発生する保管料のこと。


料金は使用するCYにより異なるが、
コンテナの回収を促進する意味から、
長期滞留コンテナに対しては1日当りの
料金が高額になっている。

例えば、10日以上滞留すると、
1日当り初日の料金の4倍も請求される場合があり、
さらに、20フィ−トおよび40フィート・コンテナで料金が異なる。
また、特殊コンテナはドライ・コンテナの約3倍の料金になっている。


----------------------------------------------


コンテナフレートステーション

Yahoo!知恵袋
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11110951976

コンテナで輸出入される場合、海上運賃の多寡のみならず、
フリー・タイムの長短にも留意すべきである。


また、コンテナ返却の際、清掃状態が悪いと追加費用を請求されることもあるので注意が必要。

海上コンテナの基礎知識
http://www.itabashi-shouji.co.jp/yougo/jitumu2.html