この動画では一箇所、引っ掛かってる。

テナーレンに向かう途中の振動で、ツイストがロック状態の位置に戻ることがある。
後部がリンク式の1レバー連動タイプでは良くある。
40Fの前部もたまに戻ってしまうことがある。これはそのケースではないでしょうか?

私は吊り上げ時、窓から体を出して後方を確認しています。
普通、横浜港や東京港では2,30センチ上げて一回停めてくれます。
その時にシャーシが浮き上がってないか確認して、OKなら自転車の右折の手信号のように
右手を水平に伸ばして合図を送ってから、車を発進させています。
一度、ロック解除にも係わらず、2,3ミリだけ引っ掛かって持ち上がった事がありました。


ツイストの外し忘れはまあ良くあります。
横浜や東京ではいきなり一気にスプレッダーを引き上げるテナーはいません。
多分いません。いないことを祈っています。
 


レバー操作を忘れてロックで上がることもありますが、
リンク式で一本のレバーで二箇所のロックが回るタイプだと、
リンクの部品が連動してないで一箇所がアンロックしたつもりが
ロックしているという事もあります。

なので目視点検が一番。
インチェックの前後でレバー操作をしてアンロックにしても
上記の理由でテナーレーンまで移動するときにロックが回りロックされる事もあります。

また、アンロックにも係わらず、ほんの2,3ミリが引っ掛かって上がることがあります。
自分も経験しました。
この動画のような状態ですね。こんなに上がってドカンと落ちたりしませんでしたけど。
まったく気が抜けないので私は必ず目視確認して、
自転車の右折みたいに右手をだしてテナーのオペさんに
「OK」の合図を出してから発進するようにしています。

いやほんと気が抜けませんよ。





テナーレーンに向かう途中で、何らかの拍子にロックがかかる事がある。

 

通常は振動などでロック位置に行かない様に構造を作っている。
でも、上の写真や動画の様になる可能性があるのでテナーが来てスプレッダーが降りてきて位置があっても、最後まで目視確認はしたいものです。