対訳に挑戦。赤毛のアンの原文と翻訳。
最終更新日 2018.10.25

The Project Gutenberg EBook of Anne of Green Gables, by Lucy Maud Montgomery
無料電子書籍プロジェクト グーテンベルグ の
Anne of Green Gables by ルーシー・モード・モンゴメリ

This eBook is for the use of anyone anywhere in the United States and most
other parts of the world at no cost and with almost no restrictions
whatsoever. 

このeBookは合衆国と世界の殆どの地域で無料で殆どのあらゆる制限を受けずに使うためのものである。
(注釈: 著作権の有効期限が切れている古い作品に焦点を当て、世界の偉大な文献を見つけることができます。)

You may copy it, give it away or re-use it under the terms of
the Project Gutenberg License included with this eBook or online at
www.gutenberg.org. 

この電子書籍ファイル、或いはオンラインでこのWebサイトをプロジェクト・グーテンベルグのライセンスのもとであなたはコピーし、誰かにあげたり再利用が可能です。

(注釈サイトトップから:プロジェクトグーテンベルクは、何の費用も請求しません。
Project Gutenbergのすべては無償で、無料で、読者には全く費用をかけずにいます。
自由に読んで自由に再配布してください。 
Project GutenbergのeBookには、コンピュータやモバイルデバイスに含まれる
通常のWebブラウザやeBookリーダーだけで、特別なアプリを読む必要はありません。
カスタムアプリ、またはProject Gutenbergから無料で入手できる
同じeBookの料金を請求するサイトについての報告があります。
いくつかのアプリには価値のある機能があるかもしれませんが、
Project Gutenberg eBookを楽しむために必要なものはありません。)


If you are not located in the United States, you'll have
to check the laws of the country where you are located before using this ebook.
あなたがアメリカ合衆国以外にお住まいなら、この電子書籍を利用する前に
あなたが住んでいる地域・国家の法律を確認しなければならない。

(注釈サイトトップから:米国では、年間の著作権期間の満了は、
1998年の著作権期間延長法による20年間の中断の後、
2019年に再び始まる予定です.2019年1月1日に、
1923年に出版されたアイテムは米国のパブリックドメインになります。)


Title: Anne of Green Gables

Author: Lucy Maud Montgomery


Release Date: 1992 [EBook #45]
Last Updated: October 6, 2016

Language: English

Character set encoding: UTF-8

*** START OF THIS PROJECT GUTENBERG EBOOK ANNE OF GREEN GABLES ***

Produced by David Widger and Charles Keller

(注釈 サイトトップから利用規約
ほとんどの場合、著作権が失効しているため、米国の著作権法で保護されていないため、GoogleのeBookは米国で自由に使用できます
それらは他の国では著作権のないものではないかもしれません。
米国以外の読者は、eBookをダウンロードまたは再配布する前に、
各国の著作権を確認する必要があります。
また、著作権所有者が無制限に世界中で無制限に使用することを許可している
多数の著作権のあるタイトルがあります。


Project Gutenbergのウェブサイトは、Humanのためのものです。
サイトにアクセスするための自動化されたツールの実際の使用または認識された使用は、
お客様のIPアドレスをブロックします。
このサイトでは、クッキー、キャプチャ、関連技術を利用して、
人間の利用者がサイトを最大限に利用できるようにしています。

※下記の色がついてる文字列と斜体字の部分は改善を考慮中。
英訳の正確さについては保障しませんが、もしあなたがコピー改編を行いたいなら
当ブログへの断り無く自由勝手にやってください。許諾の為の連絡は必要ありません。


ANNE OF GREEN GABLES
By Lucy Maud Montgomery





ANNE OF GREEN GABLES
緑の屋根の家の子のAnne



CHAPTER I. Mrs. Rachel Lynde is Surprised
第一章 「レイチェル・リンド婦人、驚く」



 MRS. Rachel Lynde lived just where the Avonlea main road dipped down into a little hollow,
fringed with alders and ladies’ eardrops and traversed by a brook that had its source away back in the woods of the old Cuthbert place; it was reputed to be an intricate, headlong brook in its earlier course through those woods, with dark secrets of pool and cascade; but by the time it reached Lynde’s Hollow it was a quiet, well-conducted little stream, for not even a brook could run past Mrs. Rachel Lynde’s door without due regard for decency and decorum; it probably was conscious that Mrs. Rachel was sitting at her window, keeping a sharp eye on everything that passed, from brooks and children up,and that if she noticed anything odd or out of place she would never rest until she had ferreted out the whys and wherefores thereof.

レイチェル・リンド婦人はちょうどアヴォンリィの村を貫く大通りの少々窪みになってるあたりに住んでいる。 その屋敷はハンノキ釣浮草に囲まれ、気難しいと評判だった老カスバートの地所の森から流れている小川が家の前を横切っていた。
その森の上流の流れは速く、木立の奥には渕と小さな滝がある。
しかしリンド家のあるくぼ地まで来ると穏やかになり、緩やかな流れとなる。相応の体裁と礼儀を伴う敬意がないなら川の流れでさえレイチェル・リンド婦人の地所を横切ることは出来ない。
窓辺に座っているレイチェル・リンド婦人はおそらく非常に人目を気にしており、鋭い視線は通過する全てを監視し続け、その視線は小川と子どもたちに向かっている。そして婦人が何か異変や不自然さに気が付いたら、その原因や異変のありなしをを確認するまでは安静にはならないだろう。


 There are plenty of people in Avonlea and out of it, who can attend closely to their neighbor’s business by dint of neglecting their own;but Mrs. Rachel Lynde was one of those capable creatures who can manage their own concerns and those of other folks into the bargain. She was a housewife; her work was always done and well done; she “ran” the Sewing Circle, helped run the Sunday-school, and was the strongest prop of the Church Aid Society and Foreign Missions Auxiliary. Yet with all this Mrs. Rachel found abundant time to sit for hours at her kitchen window, knitting “cotton warp” quilts—she had knitted sixteen of them, as Avonlea housekeepers were wont to tell in awed voices—and keeping a sharp eye on the main road that crossed the hollow and wound up the steep red hill beyond. Since Avonlea occupied a little triangular peninsula jutting out into the Gulf of St. Lawrence with water on two sides of it, anybody who went out of it or into it had to pass over that hill road and so run the unseen gauntlet of Mrs. Rachel’s all-seeing eye.

アヴォンリィには沢山の人がいる。それから、自分の事をおろそかにしても隣人にはお節介を焼く人々もいる。とりわけレイチェル・リンド婦人は彼女の心配事や村中の人の噂話を取りまとめる中心人物の一人である。彼女は注目に値する主婦だった。いつも家事をてきぱきと良くこなし縫製サークルを活発にし、日曜学校の運営を助けていた。そして教会の共済組織と異邦での伝導活動の為の援助団体の強力な支持者であった。その様に忙しいにも係わらず、レイチェル・リンド婦人は彼女の台所の窓辺に座り豊かな時間を過ごしていた。コットンワープの綿入りの編み物ー彼女は既に16着を編んでおり、アヴォンリィ周辺の主婦達は畏敬の念を口にするのが常であった。
そしてそのような彼女の台所の窓から鋭い視線は村の目抜き通りのくぼ地から急な赤い岡の向うまでを貫いき続けていた。アヴォンリィはセントローレンス湾に突き出し、両側はその海に挟まれた三角形の小さな張り出した半島にある。
この地域を出入りする誰もが目抜き通りとその丘とそしてレイチェル婦人の見えざる視線の恐るべき回廊を通り抜けていく。

She was sitting there one afternoon in early June. The sun was coming in at the window warm and bright; the orchard on the slope below the house was in a bridal flush of pinky-white bloom, hummed over by a myriad of bees.Thomas Lynde—a meek little man whom Avonlea people called “Rachel Lynde’s husband”—was sowing his late turnip seed on the hill field beyond the barn; and Matthew Cuthbert ought to have been sowing his on the big red brook field away over by Green Gables. Mrs. Rachel knew that he ought because she had heard him tell Peter Morrison the evening before in William J. Blair’s store over at Carmody that he meant to sow his turnip seed the next afternoon. Peter had asked him, of course, for Matthew Cuthbert had never been known to volunteer information about anything in his whole life.

6月初めのとある午後、彼女はそこに座っていた。日差しは窓辺をぬくもりと光で包んでいた。
屋敷の下の斜面にある菜園はまるでピンクと白の花の咲き乱れる美しい花嫁の如く、無数のミツバチが羽音を立てていた。トーマス・リンド、アヴォンリィの人々から「レイチェルリンド婦人の夫」と呼ばれるところのおとなしく平凡なその男は彼は納屋の向うの丘の畑で遅まきのカブの種を蒔いていた。
そしてその日、マシュー・カスバートはそこより遠い場所のグリーンゲーブルズの彼のブルックフィールドで種まきをしているべきであった。
 レイチェル婦人はその日、マシューが種まきをするものと思っていた。なぜなら昨日の夕方、カーモディのウィリアム・J・ブレアの店でピーター・モリソンとマシューが話していたと聞いていたから、それは翌日の午後にカブの種まきをする事を意味していたのだから。
ピーターは彼に尋ねたが、勿論、マシュー・カスバートは彼の一生におけるボランティアの情報はどんなことも知られてはいなかった。

And yet here was Matthew Cuthbert, at half-past three on the afternoon of a busy day, placidly driving over the hollow and up the hill;moreover, he wore a white collar and his best suit of clothes, which was plain proof that he was going out of Avonlea;moreover, he wore a white collar and his best suit of clothes, which was plain proof that he was going out of Avonlea;and he had the buggy and the sorrel mare, which betokened that he was going a considerable distance.Now, where was Matthew Cuthbert going and why was he going there?

そしてそれにもかかわらず、婦人の視界の中にマシューは居た。忙しい1日の午後の三時半過ぎに静かにくぼ地から丘を馬車で登って行った。その上、白いカラーに彼の持っている最も上等な外出着に身を包んでいるのは、アヴォンリィの外へ出かける明白な証明である。そして一頭立ての二人乗りの馬車と栗色の雌馬を持っていたが、それはかなりの遠出を予感させた。今、マシュー・カスバートはどこにいるのか、そして何故出かけたんだろうか。

 Had it been any other man in Avonlea, Mrs. Rachel, deftly putting this and that together, might have given a pretty good guess as to both questions. But Matthew so rarely went from home that it must be something pressing and unusual which was taking him; he was the shyest man alive and hated to have to go among strangers or to any place where he might have to talk. Matthew, dressed up with a white collar and driving in a buggy, was something that didn’t happen often. Mrs. Rachel, ponder as she might, could make nothing of it and her afternoon’s enjoyment was spoiled.

アヴォンリーの他の男であっただろうか、レイチェル夫人は彼か誰かを一緒に巧みに置き換え、
その二つの可能性に対して良い答えを導きだしていたかもしれない。
だが紛れもなくマシューが滅多にしない外出であった。切実で滅多に無い何かの急用が彼を連れ出したのだった。彼は誰よりも引っ込み思案な男として生きてきて、知り合いの居ない場所や彼が話をしなければならない場所を嫌っていた。マシューの、他所行きの衣服を着て一頭立ての馬車でドライブをするということはごく稀にも起こらない珍事であった。レイチェル婦人は思いを巡らせて、手作業は止まり午後の楽しみは損なわれてしまった。

 “I’ll just step over to Green Gables after tea and find out from Marilla where he’s gone and why,” the worthy woman finally concluded.

「午後のお茶が済んだらグリーンゲイブルズへ行き、マリラから彼がどこに出かけてたのかとその理由を見破るとしよう」、立派なご婦人はついに一連の思考の結論に至った。

 “He doesn’t generally go to town this time of year and he never visits; if he’d run out of turnip seed he wouldn’t dress up and take the buggy to go for more; he wasn’t driving fast enough to be going for a doctor. Yet something must have happened since last night to start him off. I’m clean puzzled, that’s what, and I won’t know a minute’s peace of mind or conscience until I know what has taken Matthew Cuthbert out of Avonlea today.”

「彼は一年のうちのこの時期に町に出かけることは普通はありえない。もしカブの種を使い切ったら彼は着飾って馬車に乗り出かけるなんてことは無いだろう。医師のところに行く時のように急いではいなかった。昨夜から何かかが起こって彼を行かせたに違いない。私は全く困惑しているよ、一体何が、今日アヴォンリィからマシューを連れ出したのが何か分かるまでは一分でも平静さや善良な心を感じれないよ。」

 Accordingly after tea Mrs. Rachel set out; she had not far to go; the big, rambling, orchard-embowered house where the Cuthberts lived was a scant quarter of a mile up the road from Lynde’s Hollow. To be sure, the long lane made it a good deal further. Matthew Cuthbert’s father, as shy and silent as his son after him, had got as far away as he possibly could from his fellow men without actually retreating into the woods when he founded his homestead. Green Gables was built at the furthest edge of his cleared land and there it was to this day, barely visible from the main road along which all the other Avonlea houses were so sociably situated. Mrs. Rachel Lynde did not call living in such a place living at all.

そういった次第でお茶の後、レイチェル婦人は出かけた。
大股に、不規則な歩みで、カスバート家が住まう果樹園に囲まれた家は窪みのリンド家から僅か4分の1マイルも離れていなかった。
確かに、長い小道は、それにはずみをつけた。マシュー・カスバートの父親は、のちの彼の子のように恥ずかしがり屋で物静かだった。彼が彼の農場を作った時、森の中に引きこもることは無かったが彼の同胞から出来るだけ遠くに離れた。グリーン・ゲイブルズは彼の開墾地の最も外れに建てられて、それは今日までそこにある。他の全てのアヴォンリィの家々は村を貫く幹線道路沿いに社交性をもって建てられているが、グリーンゲイブルズはそれらから辛うじて見える程度だ。レイチェル・リンデル婦人はその様な住処を生活をする場所だとは言えないとしていた。

 “It’s just staying, that’s what,” she said as she stepped along the deep-rutted, grassy lane bordered with wild rose bushes. 

「滞在しているだけ、なんというか...」
彼女は深い轍が刻まれ、野バラの生垣に挟まれた小道に沿って歩を進めながら言う。

 “It’s no wonder Matthew and Marilla are both a little odd, living away back here by themselves.
Trees aren’t much company, though dear knows if they were there’d be enough of them. 
I’d ruther look at people. To be sure, they seem contented enough; 
but then, I suppose, they’re used to it. 
A body can get used to anything, even to being hanged, as the Irishman said.”

「マシューとマリラが共に少し変わってるのは当然ですよ、自らこんな離れたところに住むのだから。
木立は鬱蒼とはしてないけど、彼らがそこに満ち足りているかどうかは神のみぞ知るとしても

寧ろ私は人間観察をしている。確かに、彼らは十分満足しているように見える。
尤も、私が思うには、彼らはそんな状態に慣れているだけだ。
アイルランド人が言ったように、体は何事にも慣れる、例え吊るされるとしてもね」


With this Mrs. Rachel stepped out of the lane into the backyard of Green Gables.
Very green and neat and precise was that yard, set about on one side with great patriarchal willows and the other with prim Lombardies. 

このレイチェル婦人はグリーンゲイブルズの裏庭の小道に踏み出した。
緑鮮やかで楚々とし入念な手入れの庭で、立派で長老のような柳と上品なロンバルディーズ(ポプラ)が傍らにあった。

 Not a stray stick nor stone was to be seen, for Mrs. Rachel would have seen it if there had been.
Privately she was of the opinion that Marilla Cuthbert swept that yard over as often as she swept her house. One could have eaten a meal off the ground without over-brimming the proverbial peck of dirt.

役に立たない棒杭も石ころもそこには無く、もしそう云うものがあったらレイチェル婦人は見落とさないだろう。婦人の個人的な見解ではマリラ・カスバートは家の中を掃除するのと同じ頻度で庭に行って庭を掃除しているとみていた。誰かが地面に食べ物を落としても拾って食べられるほどだ。
 「死ぬまでに多くの泥を食べなければならない(※人生とは、あまたの屈辱をはんで生きていくものである)」それはよく言われることわざの文字通りの意味で(ことわざの意味は含まない)。

 Mrs. Rachel rapped smartly at the kitchen door and stepped in when bidden to do so.
The kitchen at Green Gables was a cheerful apartment—or would have been cheerful if it had not been so painfully clean as to give it something of the appearance of an unused parlor. Its windows looked east and west; through the west one, looking out on the back yard, came a flood of mellow June sunlight; but the east one, whence you got a glimpse of the bloom white cherry-trees in the left orchard and nodding, slender birches down in the hollow by the brook, was greened over by a tangle of vines. 
Here sat Marilla Cuthbert, when she sat at all, always slightly distrustful of sunshine, which seemed to her too dancing and irresponsible a thing for a world which was meant to be taken seriously; and here she sat now, knitting, and the table behind her was laid for supper.

レイチェル夫人は台所のドアをこぎみよく叩き、そうするように指示されたと上がりこんだ。
グリーン・ゲイブルズのキッチンは(あまり使わないの客間の様に過度に綺麗にしていなければ)気持ちのいい空間である。
台所には東と西に窓がある。西に面した窓は裏庭が見え、6月の芳醇な日差しが溢れている。
しかし、東の窓は左手の果樹園のチェリーの木の白い花が垣間見え、斜面の下側の小川のあたりで揺れる細い樺の木は、葡萄の木々のもつれによって緑がかっていた。
ここにマリラ・カスバートは座っていた。そこに彼女が座る時は、大抵は太陽の光は移ろう。その光のせいで彼女(が座って編み物をする上半身を)が体を揺すり過ぎているように見せ、それはまた世界にとって無責任な物を真面目になさしめる事を意味しているようであった。この特別な場所に今、彼女は座り編み物をしていた。その後ろには夕食のためのテーブルが置かれていました。

 Mrs. Rachel, before she had fairly closed the door, had taken a mental note of everything that was on that table. There were three plates laid, so that Marilla must be expecting some one home with Matthew to tea; but the dishes were everyday dishes and there was only crab-apple preserves and one kind of cake, so that the expected company could not be any particular company. Yet what of Matthew’s white collar and the sorrel mare? Mrs. Rachel was getting fairly dizzy with this unusual mystery about quiet, unmysterious Green Gables.

レイチェル婦人はきちんとドアを閉める前にそのテーブルの様子を全て心に留め置いた。
3つの食器が置かれていたので、それはつまりマリラはマシューと一緒に来る誰かとお茶をするのをそれらは待ってるに違いない。いつもどおりの料理とクラブアップルのジャムとケーキが一種類である。
つまり、予想される来客は特別扱いの客人ではないようだ。
だけどマシューは白いカラーに栗毛の雌馬を仕立てていたのは何故でしょう。レイチェル婦人はひっそりとこの珍妙な不可思議にかなりくらくらしていた。ここは平凡なグリーンゲイブルズである。

 “Good evening, Rachel,” Marilla said briskly. “This is a real fine evening, isn’t it? Won’t you sit down? How are all your folks?”

「グッドイブニング、レイチェル」
マリラは快活に言った。
「本当に良い夕暮れね。腰掛けたらいかがかしら。ご家族はどうしたの」

Something that for lack of any other name might be called friendship existed and always had existed between Marilla Cuthbert and Mrs. Rachel, in spite of—or perhaps because of—their dissimilarity.

他には言いようのない何か友情と呼ばれるようなものが、マリラ・カスバートとレイチェル婦人の間にはあった。彼女達の間には(おそらく)相違点というようなものもありはしたけど。

 Marilla was a tall, thin woman, with angles and without curves; her dark hair showed some gray streaks and was always twisted up in a hard little knot behind with two wire hairpins stuck aggressively through it. She looked like a woman of narrow experience and rigid conscience, which she was; but there was a saving something about her mouth which,if it had been ever so slightly developed, might have been considered indicative of a sense of humor.


マリラはアングロサクソン系で、背が高く痩せて丸みが無かった。
彼女の黒髪には白髪の縞が入り、いつも2つのワイヤーヘアピンで硬く積極的にまとめ捻りあげて後ろに結んでいた。彼女は世間知らずの女性のように見え、厳格な道義心のある女性に見えた。それがマリラ・カスバートである。
彼女の口には何かが貯めこまれていたが、もし今までにその口をわずかでも緩ませられたら彼女にユーモアのセンスがあることを示すことがあったかもしれない。

 “We’re all pretty well,” said Mrs. Rachel. “I was kind of afraid you weren’t, though, when I saw Matthew starting off today. I thought maybe he was going to the doctor’s.”

『私達は大丈夫ですよ』
レイチェル婦人は言った。
『今日、マシューが出かけたのを見て、それから、私はあなたが居なくなっちゃったんじゃないかと心配になったんですよ。多分、マシューはお医者のところに行ったんじゃないかと思ったからね。』

 Marilla’s lips twitched understandingly. She had expected Mrs. Rachel up; she had known that the sight of Matthew jaunting off so unaccountably would be too much for her neighbor’s curiosity.

マリラの唇は分かりやすく引きつった。彼女はレイチェル夫人の続きを待った。マシューの滅多にない遠乗りの光景が、それほどこの婦人のひどく大きい隣人への関心事になった事を知ることとなった。

 “Oh, no, I’m quite well although I had a bad headache yesterday,” she said. “Matthew went to Bright River. We’re getting a little boy from an orphan asylum in Nova Scotia and he’s coming on the train tonight.”

「あら、いいえ、昨日は頭痛がありましたが、大丈夫です。」
マリラは言った。
「マシューはブライトリバーに行きました。 私達はノバスコシアの孤児院から可愛い男の子を貰い受けます、彼は今夜の列車でこちらに向かっているのです。」


 If Marilla had said that Matthew had gone to Bright River to meet a kangaroo from Australia Mrs. Rachel could not have been more astonished. She was actually stricken dumb for five seconds. It was unsupposable that Marilla was making fun of her, but Mrs. Rachel was almost forced to suppose it.

マシューがオーストラリアから来たカンガルーに会うためにブライトリバーまで行ったとマリラがもしも言ったなら、レイチェル婦人はもっとビックリしなかっただろう。彼女は実際に打ちひしがれて5秒間も口をきけなかった。

 “Are you in earnest, Marilla?” she demanded when voice returned to her.
『あなたは本気で言ってるの、マリラ?』婦人は声が戻ると彼女は問いただした。

 “Yes, of course,” said Marilla, as if getting boys from orphan asylums in Nova Scotia were part of the usual spring work on any well-regulated Avonlea farm instead of being an unheard of innovation.

「ええ、勿論」
とマリラが言った。ノバスコシアの孤児院から男の子を迎えるという事は、アヴォンリィの規則正しい農場のどれかでのいつもの春の野良仕事の一部にかわる前例の無い概念と行いであることであるかのようだった。

 Mrs. Rachel felt that she had received a severe mental jolt. She thought in exclamation points. 
A boy! Marilla and Matthew Cuthbert of all people adopting a boy! 
From an orphan asylum! Well, the world was certainly turning upside down! 
She would be surprised at nothing after this! Nothing!

レイチェル婦人は重大な精神的な動揺を受けたと感じた。彼女は感嘆符を思った。
男の子!マリラとマシューのカスバート家が少年を養子にとるの!
孤児院から!ええ、確かに世界はひっくり返ったわ!
この後、彼女は何にも驚かないだろう! なんてまあ!

 “What on earth put such a notion into your head?” she demanded disapprovingly.

『一体全体、あなたのそんな考えをなんて言ったらいいの?』
彼女は非難を込めて問いただした。

 This had been done without her advice being asked, and must perforce  be disapproved.

この養子騒動はレイチェル夫人の助言を求めず成されており、必然的に不承認とならざるを得ない。

 “Well, we’ve been thinking about it for some time—all winter in fact,”“Mrs. Alexander Spencer was up here one day before Christmas and she said she was going to get a little girl from the asylum over in Hopeton in the spring.Her cousin lives there and Mrs. Spencer has visited here and knows all about it.

So Matthew and I have talked it over off and on ever since. We thought we’d get a boy.Matthew is getting up in years, you know—he’s sixty—and he isn’t so spry as he once was. His heart troubles him a good deal.And you know how desperate hard it’s got to be to get hired help.There’s never anybody to be had but those stupid, half-grown little French boys; and as soon as you do get one broke into your ways and taught something he’s up and off to the lobster canneries or the States.

「ええまあ、私達は実際には冬の間中ずっと、その事を考えてきたんです」
マリラは応えた。
「アレキサンダー・スペンサー婦人はクリスマスの一日前にここにまで来て居て、彼女が春になったらホープトンの孤児院から小さな女の子を貰いに行くつもりであると言ってたんです。彼女のイトコはホープトンに住んでいて、スペンサー婦人がここを訪れた時、孤児院のことを全て知っていたんですよ。


それで、マシューと私はそれ以来ずっと養子を取るか取らないかについて話し合ってきました。
私達は男の子を取るという考えにいたりました。マシューは年を取ってきて、あなたは彼が60歳だって知ってるでしょ、彼は以前みたいに元気じゃないこともね。彼の心臓は彼を大いに悩ませています。
そしてあなたは助けになる雇い人を得ることがどれほど難しいかご承知のとおりです。
雇い人が出来るような人は居ない、あのお馬鹿たちをのぞけば。半人前のフレンチ少年達はいるけれどね。そして直ぐに~~するや否や あなたの道で成功する そして 何かを教える 彼がまだここにいるか それとも アメリカのロブスターの缶詰工場に去るか。

At first Matthew suggested getting a Home boy. But I said ‘no’ flat to that. ‘They may be all right—I’m not saying they’re not—but no London street Arabs for me,’ I said. ‘Give me a native born at least. 
There’ll be a risk, no matter who we get. But I’ll feel easier in my mind and sleep sounder at nights if we get a born Canadian.’ 
So in the end we decided to ask Mrs. Spencer to pick us out one when she went over to get her little girl.

「最初、マシューは同郷の人を引き取る提案をしたんです。しかし、私はそれに対して『いいえ』と言ったんですよ。
『同郷の彼らは大丈夫かもしれないが、彼らは大丈夫じゃないとは言わなかったけど』と言ったんですよ。
『だけど私にとってロンドンの浮浪児という選択肢にありません、せめてこっち育ちの子が欲しいですね。私たちが引き取る誰であろうと、リスクがあるでしょう。 しかし、もしカナダ(自治領カナダ)生まれの子を引き取れるたら私はより気楽に安心するでしょうし、夜は健やかに眠れるでしょうね』
だから最後に私達はスペンサー夫人に依頼すると決めたんです、彼女が彼女の小さな女の子を引き取りに行く時にカナダ(自治領カナダ)生まれの子を引き取って来て貰うよう。」

We heard last week she was going, so we sent her word by Richard Spencer’s folks at Carmody to bring us a smart, likely boy of about ten or eleven. We decided that would be the best age—old enough to be of some use in doing chores right off and young enough to be trained up proper. We mean to give him a good home and schooling. 

「私達は先週、彼女が向うに行ってると聞いたので、カーモディのレイチェル・スペンサーの親族
に頼んで彼女に賢そうなちょうど10歳か11歳くらいの男の子を連れてきて欲しいという便りを送りました。
私達はその年齢が最もいいと決めたんです。そのくらいなら直ぐにでも何の雑用にも使えるのに十分育っているし、適切な訓練をするのにも十分若い年齢だと。私達は彼に良い家と教育を与えるつもりです。」

We had a telegram from Mrs. Alexander Spencer today—the mail-man brought it from the station—saying they were coming on the five-thirty train tonight. So Matthew went to Bright River to meet him. 
Mrs. Spencer will drop him off there. Of course she goes on to White Sands station herself.”

「今日、アレクサンダー・スペンサー夫人からの電報がありました。郵便配達人が電報を駅から持ってきました。彼らは今夜5時30分の列車でやってくるという文面でした。そういうことでマシューはブライトリバーに出向いて彼に会います。スペンサー夫人は彼をそこから降ろします。もちろん彼女はホワイト・サンズ・ステーションに行きます。」


 Mrs. Rachel prided herself on always speaking her mind; she proceeded to speak it now, having adjusted her mental attitude to this amazing piece of news.

レイチェル夫人は平常心の彼女の生き生きとした意見に自信を得た。彼女は今この話を進め、この驚くべきニュースへの精神的な態度を調整しました。

“Well, Marilla, I’ll just tell you plain that I think you’re doing a mighty foolish thing—a risky thing, that’s what. You don’t know what you’re getting. You’re bringing a strange child into your house and home and you don’t know a single thing about him nor what his disposition is like nor what sort of parents he had nor how he’s likely to turn out. Why, it was only last week I read in the paper how a man and his wife up west of the Island took a boy out of an orphan asylum and he set fire to the house at night—set it on purpose, Marilla—and nearly burnt them to a crisp in their beds. And I know another case where an adopted boy used to suck the eggs—they couldn’t break him of it. If you had asked my advice in the matter—which you didn’t do, Marilla—I’d have said for mercy’s sake not to think of such a thing, that’s what.”

『まあ、マリラ、あなたがとっても滑稽で恥かしいことをしていると私が思っていることを明白に伝えます。それは危険なことです。そうですとも、 あなたは何を得ようとしているのか分かっていない。
あなたは奇妙な子供をあなたの家屋敷に連れてきてる、あなたは彼についての何一つ知らないし、彼の気性がどういうものなのか、彼の両親はどういった種類の人であるか、彼が今後どうなっていくのか、どれも分かっていないんです。 ええっと、まさに先週、島の西側の男と彼の妻がどうやって男の子を孤児院に連れ出して彼が夜に家に火を放ったかをーその事件の記事を私は読んだんです。
マリラ、彼らのベッドでほとんどそれをカリカリに焼いたんです。
それから、ずるをやってた別の養子の男の子の事例を知っていますよ。彼らは男の子を躾けられなかった。もしあなたに私にそんな事例についての助言を尋ねていたら、あなたはそんな間違いを犯さなかった。マリラ - 私は言った事でしょうよ、後生だからどうぞそんな事は考えないでと、そうですよ』

 This Job’s comforting seemed neither to offend nor to alarm Marilla. She knitted steadily on.

この忍苦による憂さ晴らしは、マリアを怒らせたり、不安にしたりするようなことではありませんでした。 彼女は着実に編みものをしていた。

 “I don’t deny there’s something in what you say, Rachel.I’ve had some qualms myself. But Matthew was terrible set on it. I could see that, so I gave in. It’s so seldom Matthew sets his mind on anything that when he does I always feel it’s my duty to give in.
And as for the risk, there’s  risks in pretty near everything a body does in this world. There’s risks in people’s having children of their own if it comes to that—they don’t always turn out well. And then Nova Scotia is right close to the Island. It isn’t as if we were getting him from England or the States. He can’t be much different from ourselves.”

「私は、あなたが言うことの何物かがある事を否定しないよ、レイチェル。私だって不安をいくつも感じていますよ。 しかし、マシューはそれをひどく決意しているんです。私は彼の内を見ることができたので、私は降参したんです。マシューが何かを決心して何かをやるなんてことは尋常ではありません。こんな場合、私はいつも彼に屈するのが勤めだと感じていますよ。まあ危険性については、この世界では、すべての物事の身体の非常に近くに危険性はあります。もし養子の子を引き取るとなれり自分の子どもを持つということになれば誰にでもリスクはありますよ、それは常にうまくいくとは限りません。
それにノヴァスコシアはこの島の直ぐ近くにあるじゃありませんか。私達はまるっきりイングランドや合衆国から孤児の子供を引き取るんじゃありませんからね。彼は私達と大きく違うように育ったりは出来ません。」

 “Well, I hope it will turn out all right,” said Mrs. Rachel in a tone that plainly indicated her painful doubts.“Only don’t say I didn’t warn you if he burns Green Gables down or puts strychnine in the well—I heard of a case over in New Brunswick where an orphan asylum child did that and the whole family died in fearful agonies. Only, it was a girl in that instance.”

『まあ、それがうまくいくことを願っています。』
レイチェル夫人はそう言い、恨めしい疑念をきっぱりと示した。
『だがしかし私は警告しておきますよ、彼がグリーンゲイブルズを焼き討ちするとか殺鼠剤(ストリキニーネ)を井戸に投げ込むとか《 ニューブラズウィックの孤児院の子供がそういう事をやって 》家族全員が物凄い苦しみの内に死んだ~そう云った事例を聞きましたよ。ただし、その実例では貰い子は女の子でしたけど。』


 “Well, we’re not getting a girl,” said Marilla, as if poisoning wells were a purely feminine accomplishment and not to be dreaded in the case of a boy. “I’d never dream of taking a girl to bring up. 
I wonder at Mrs. Alexander Spencer for doing it. But there, she wouldn’t shrink from adopting a whole orphan asylum if she took it into her head.”

「まあ、女の子を貰うんじゃありませんよ」
まるで中毒の井戸の件は純粋に女性の仕業であって男の子の場合は恐るるに足りないとでも言うかのように、マリラは言いました。
「女の子を育て上げるなんて絶対に夢にも思いませんよ。アレクサンダー・スペンサー夫人が女の子の育児をやろうなんて事は不思議でなりません。しかしそれでも、もしスペンサー婦人が考えを起こしても彼女は孤児院の子供との養子縁組をまるまる尻込みはしないでしょうよ」

 Mrs. Rachel would have liked to stay until Matthew came home with his imported orphan.
But reflecting that it would be a good two hours at least before his arrival she concluded to go up the road to Robert Bell’s and tell the news. It would certainly make a sensation second to none, and Mrs. Rachel dearly loved to make a sensation. So she took herself away, somewhat to Marilla’s relief, for the latter felt her doubts and fears reviving under the influence of Mrs. Rachel’s pessimism.

レイチェル夫人は、マシューが彼の大切な孤児とともに家に帰るまで、滞在したがっているようであった。 しかし、彼が到着する前には少なくとも2時間はあるだろうことを反映し、彼女はロバート・ベルの道を登ってニュースを伝えると結論をだした。それは確実に誰にも負けないセンセーションとなるだろう、そしてレイチェル婦人はセンセーションを巻き起こすことに非常に熱心であった。彼女は自分自身を連れ去ったから、マリラは幾分ほっとした。後になってレイチェル婦人の悲観主義の影響で彼女の感じていた疑念と不安は蘇った。

 “Well, of all things that ever were or will be!” ejaculated Mrs. Rachel when she was safely out in the lane.“It does really seem as if I must be dreaming. Well, I’m sorry for that poor young one and no mistake.Matthew and Marilla don’t know anything about children and they’ll expect him to be wiser and steadier that his own grandfather,if so be’s he ever had a grandfather, which is doubtful. It seems uncanny to think of a child at Green Gables somehow;there’s never been one there, for Matthew and Marilla were grown up when the new house was built—if they ever were children, which is hard to believe when one looks at them.I wouldn’t be in that orphan’s shoes for anything. 
My, but I pity him, that’s what.”

『まあ、これまでにあったことやこれから起こることのすべての事は!』
レイチェル婦人は無事に小道まででると叫びだした。
『まるで夢を見せられてるようだわ。ええ、貧しい若者には申し訳ないど、間違いない。
マシューとマリラは子供について何も知らず、孤児が彼らの祖父の様に賢くそして堅実になる事を期待している。もしそうなら事だ、彼はかつて祖父がいた、それは疑わしい。ともかくグリーンゲイブルズにいる子供を考えるのは薄気味悪く思える。グリーンゲイブルズに子供が居たことはない。マシューとマリラはこの新しい家が建った時には既に成長していた。もし彼らがずっと子供だったなら、人がそれを見たなら信じがたい光景だろう。孤児に係わる悩みの何事かが無ければ私は居なかっただろう。
あらまあ、だけど私は彼に同情しますよ、やっぱりね』

 So said Mrs. Rachel to the wild rose bushes out of the fulness of her heart; but if she could have seen the child who was waiting patiently at the Bright River station at that very moment her pity would have been still deeper and more profound. 

そんな具合に、レイチェル婦人は彼女の満ちた気分を野バラの茂みに向かって打ち明けた。
しかし、もし彼女が正にそのときブライトリバーの駅で根気良く待っているその子供を見ることが出来ていたら、彼女の哀れみの情はより深く、そしてもっと華々しく思えただろう。



note
  • 縫製サークル :地域の女性の集まり、寄り合い。縫製をしながらゴシップや政治、慈善活動など多くの話題を話し合う。
  • Anneはプロテスタント
  • asylum 孤児院
  • クリント・イーストウッドの映画「ガントレット」のラストシーンが『ガントレット』。ガントレットは刑罰の一種。
  • 4分の1マイルも離れていなかった。(400m前後)
  • Wellerism:ウェルベリズム:滑稽な続編が続いている有名な引用から成っている比較
    A body can get used to anything, even to being hanged, as the Irishman said.
    アイリッシュマンが言ったように、身体は何かに慣れることができます。
  • proverbial(ことわざ) peck of dirt
    You have to eat a peck of dirt before you die.
    死ぬまでに多くの泥を食べなければならない。
    多くの侮辱に耐えなければならない 
  • angles(wikipedia English)
  • アングロサクソン系(wikipedia 日本語)
  • How shall I put this? : これをどう言えばいいんだろう?◆【用法】うまい言い方を探しているときに使う。
  • プリンスエドワードアイランド州
    1798年、ジョージ3世の第4王子で当時ハリファックス駐在の英軍を指揮していたケント公エドワードにちなんで、プリンス・エドワード島と改称された。ケント公エドワードはヴィクトリア女王の父にあたる。
     元の名前はセント・ジョン。英仏語で聖ジョンという地名が大変多くあちこちにあった。ニューロンドンやニュー何とか(イギリスの地名)という同じ地名は今でもカナダのあっちコッチにあって大変混乱してしまう。
  • アヴォンリィの場所について。日本アニメーションの絵的にはモンゴメリのいとこの家を中心とする範囲の絵が多い。小説の設定を読むとPEIの東部か西北部にあったほうが都合がいい。鉄道の開通や村の出入りとか、色々考えるに東部南部にあると都合が良いような気はしますね。アニメは製作の都合上の問題で場所が違うだろうと想うけど、別にそれが悪いわけじゃない。寧ろ、実車映像版のウケを狙った過剰な絵作り、ロケ地の都合上の演出での各相違点の大きい点は私は好ましいことだとは思えないですね。夢物語にリアルという概念が無いのにリアルを求めても使用は無いのですけどね。


London Street Arabs
Lady Doroth Stanley
Lightning Source UK Ltd




London Street Arabs (英語) ペーパーバック


ビクトリア朝のロンドン - 子供時代 - 子供 - 'ストリートアラブ'
「STREET ARABS.?Any one who has had occasion to visit in, or even walk through, the narrow, evil-smelling courts and alleys where lodge the lowest and most destitute of the London poor cannot help having been struck with the number of tiny, dirty, half-clothed children who run about and play on the muddy pavements. 」
ストリート・アラブズ? 狭くて、悪臭のひどい裁判所と最低の宿屋のある小路を誰かが訪れたり通りかかった時、少数の打ちひしがれた殆どの助けることの出来ない貧困の、汚い半裸の子供たちが走り回り、泥だらけの舗装路で遊んでいた。

ヴィクトリア朝(ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間)のロンドンにはストリートアラブと呼ばれる浮浪児達がいた。




独断と偏見による、カーモディの駅
(トラックステーション)
セミトレーラが沢山居る。

プリンスエドワード島(PEI)の入植についての私の見解

1500年代は漁師が周辺海域にやってきて、一時的な滞在をしていた。ファースト・ネイションが居住していた。
1600年代は周辺の島々でフランスとイギリスで覇権争いをしていた。
1700年代初めにフランス人の入植が開始される。その後、セントローレンス湾の周辺ではイギリスが優勢になって行き、フランス人は徐々に排斥されていく。
1776年、アメリカ独立宣言。米独立戦争によって敗残勢力のイギリス本国の勢力となった北米入植者達は、アケイディア(現在のカナダ東部大西洋沿岸地方中南部)に逃れる。
1800年代初め、イギリス本国内の諸事情からPEIへの入植者が増える。
英仏間の戦争でフランス人入植者達の多くはこの地域から排斥されていた。
よって、PEIでは北米へ入植し米独立戦争で闘った初期の入植者の家系とイギリスから入植した比較的新しい家系があり、フランス人植民者の家系は少なかったと思われる。2世紀にわたり英仏間では覇権争いが続いていたので感情的な対立は根深かったと思われる。1970年代まで、フランス語圏の地域の独立運動は続いていた。

  • カスバート家の2人は米国からの移住者の末裔で、アン・シャーリーはアイリッシュ系移民の末裔なのではないかと現在私の中では設定しています。


感想と他

米独立戦争の敗残勢力は比較的に豊かであったとだろうと私は想像している。
アヴォンリィの農家の人々の裕福な感じはその流れではないだろうか。
植民地ではあるが先住民支配ではなく、入植者が多い地域であり19世紀の初期には自由貿易の解禁があったので貿易は活発であったらしい。
また政治支配については、遠い本国と各入植地の総督を頂く体制の不具合から地域ごとの政治支配体制の拡充が望まれていた模様。その為、地域ごとの住民自らの自治意識が高まり、自治政府(責任政府)の設立に向けた活動がおこる。やがて現在の州単位に近い自治政府の設立とその横の連合である連邦の結成(コンフェデレーション)の運動に繋がる。
PEIはコンフェデレーションの話し合いの第一回目の会議が行われた。
オカミからのお達しに従う被支配者の意識は少なく、立憲君主制で王はいるものの住民自身による政治支配に対する意識が高い。フランスは仇敵であり、フランスの市民革命とは成り立ちの異なる市民感情であったと想像できる。
 17世紀から19世紀の北米の覇権争いはヨーロッパ本土の各国の争いとも深く係わっている。
米国独立のころから戦争の規模が大きくなっていった印象が強いが、植民地での戦闘行為はそれにくらべると規模が小さく、人員などの不足でファーストネーションを巻き込む形で行われたのを注目しなければならない。

銃器が発達し、特に銃の場合は銃身の改良と火薬をつめて銃弾をこめる方式から薬きょうと弾頭がセットになり始めた時代が米独立戦争の頃からである。鍛治仕事が銃の生産で手作業から工業へと発展し始める。アメリカ産業の主要な重工業の発展の基礎は銃の生産であり、その治具や工作機械の発達が他の生産分野へ派生したらしい。大きな会社の工場は企業城下町を形成する。アメリカの銃規制の難しいところは、地域経済の振興と工業の基礎を潰すか否かと云う部分が非常に多きいようである。護身がどうのこうのというのは実際、方便であって経済活動の保護が最重要な点を見落とすと本音を隠して議論をすれば互いに空転しているのは当然と思える。
作中にロブスターの缶詰工場という下りがある。よくよく考えて見ると金属加工と食料の保存に対する技術レベルの格段の進化であっただろうと思われるが、そういう重工業化の別の形とも言えそうだ。

関係ないが、紀元前、紀元後の数世紀の間に東ヨーロッパへ黒海の東から襲来してくる騎馬民族は蛮族(バーバリアン)と教え込まれてきたけど、私はいま待ったく別の概念で観ている。
馬、車輪、銅器、青銅器、鉄器、彼らの持つこれらは最先端の科学技術であった。
 他の地域からすると、何百年も進んだ未来の超技術の塊で、馬に乗って恐ろしい速度で移動し戦闘では突進してくる。手には輝く金や銀の剣や槍など。
それを思うと蛮族どころか超先端の文明人達だったと思わざるを得ない。アメリカの最新鋭戦闘兵器群による大侵略のようなものを思うほうが正解なのではないだろうか。


話題が大きく逸れてしまった。

またこれも私見だけど、同時代の他地域のどこよりもこの地域は特別に豊かで教育や文化のレベルが高い。
この時代としては相当な夢物語な設定であるような気はする。
レイチェル・リンド婦人の様な頑迷で偏見の多い人物の方が一般的だっただろう。カスバート家の2人は奇跡的に現在にも通じるヒューマニズムを体現した、この時代にはありえないような理想的な人物像であると思われる。一種のシンデレラストーリーであるようにも感じるが、そのストーリーを通して理想の人現像や人間関係のあり方を説いている点がこの物語の最大の魅力ではないだろうか。

※※※

※※※


英訳ツール 

Google翻訳 
Webio 
英辞郎 アルク 
Linguee 
英ナビ
もしもネイティブが中学英語を教えたら
他多数 (他ブログも含むー保存し忘れて所在が分からない。マップレイヤーの中に多少リンクが残っている)

※辞書と紙と筆記具だけだと私はここまで翻訳できません。
基本的に文法も忘れてしまっている。インターネット様様です。
何せ慣用表現だけでなく、日本に無い花をみたり文化背景を見ることで
文章が何を云いたいのか分かってくる。地形を見たりも楽しみながら理解を進められる。
現地で何年も生活しないで良いし、ほんとにありがたい。



翻訳開始日 2018.10.20

第一稿 公開 2018.10.24
問題箇所はラインマーカーの部分と斜体字の箇所。
訂正を検討中。
女性の言葉らしい語尾になっていない。
日本アニメーションの赤毛のアンの語尾を思い浮かべながら多少は付けてみた。

赤毛のアンの引用や理解のために第一章の対訳に挑戦。
日本語の訳本が数種類あるが、読んでから原文を確認してみたかった。

しかし原文を読んでみたい気持ちが強いのだから、先に翻訳に挑戦してみた。

訳した文を書き取らないと、長い文章を覚えてられないのでこの様に書いた。
HTMLでやったほうが楽で色々考えるとブログに書いたほうが楽だった。
そうなると公開するは何の手間も要らないのでこの様な格好となりました。
訳文は時間をかけて改善していくつもりです。
また続章も遅々と作業を行っていく予定です(予定はあくまでも予定です)。


著作権について

日本の翻訳された書籍は一文単位で引用した時などに問題となる場合が稀にあります。
有名人の商業的な刊行物や従来のマスメディアで収入を得るような場合などですね。
既に読んでわかるとおり、ファンの方々には似てないと分かるかと思います。
私が既刊の翻訳本を読んでいないためです。
ただし日本アニメーションの赤毛のアンは何周も見ているため、似ている箇所があります。
発見し次第、なるべく表現を変えるように努めるつもりです。


保留箇所

and as soon as you do get one broke into your ways and taught something he’s up and off to the lobster canneries or the States.

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。