口語訳は読む人の知識量で解釈する意味が変わる。
だからこれは別に決定版ということでもなんでもない。
神道と仏教の違いや、「國體(国体)」の意味の分かり方でも違ってくる。

私も勉強不足なところは否めない。それでも恥を忍んで書いたのは何かに引用する時に、
自分の意見を言うのに際して何を基盤としているのかをこの件に関しては
他人の文面へのリンクでは済まされないだろうと思い、表します。


終戦の詔書(大東亜戦争終結ノ詔書)

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現狀トニ鑑ミ
朕深く世界の体勢と帝国の現状とに鑑み
朕ふかく、世界の体勢と帝国の現状とにかんがみて、

非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ
非常の措置を以て時局を収拾せんと欲し
非常の措置をもって時局を収拾せんと欲し

茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
ここに忠良なるナンジ臣民に告ぐ
この時に忠良なるあなたがた臣民に告げる。



朕ハ帝國政府ヲシテ 米英支蘇四國ニ對シ
チンは帝国政府をして米英支蘇4国に対し
朕は帝国政府を通してアメリカ・イギリス・中国・ソ連の4ヵ国に対して

其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨 通告セシメタリ
その共同宣言を受諾する旨 通告せしめたり
そのポツダム共同宣言を受諾する旨を通告せしめたり

抑ゝ 帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ
そもそも帝国臣民の康寧を図り
そもそも、帝国臣民の安寧を願い

萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ
萬邦共栄の楽しみを共にするは
世界中の国々が共に栄え楽しみをともどもにするのは

皇祖皇宗ノ遺範ニシテ
こうそこうそうのイハンにして
天照大神から続く歴代の天皇の残したお手本だから

朕ノ拳々措カサル所
チンのケンケンおかざるところ
朕はうやうやしくそのように振舞うところ(なのです)

曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦
先に米英2国に宣戦せるユエンもまた
先立つアメリカ・イギリスに宣戦した理由もまた、

實ニ帝國ノ自存ト
実に帝国のジソンと
まことに帝国の自立生存と、

東亞ノ安定トヲ庻幾スルニ出テ
東アの安定とをショキするに出で
東アジアの安定を切に願い望んだから出た行いで

他國ノ主權ヲ排シ 領土ヲ侵スカ如キハ
他国の主権を排し 領土を侵すが如きは
他国の主権を排除し領土を侵犯するような行いは、

固ヨリ朕カ志ニアラス
もとよりチンが志にあらず
もとから朕の志ではない

然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ
しかるに交戦既にシサイをけみ
それなのに、交戦は既に4年の月日を数え、

朕カ陸海將兵ノ勇戰
チンが陸海将兵の勇戦
朕の陸軍・海軍の将兵の勇ましい戦い、

朕カ百僚有司ノ勵精
チンが百僚有司のレイセイ(励精)
朕の多くの官吏と役人の勤勉な働き、

朕カ一億衆庻ノ奉公
チンが1億シュウショ(衆庶)の奉公
朕の1億の民のもろもろの奉公、

各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス
おのおの最善を尽くせるに拘らず
おのおのが最善を尽くしたのにもかかわらず、

戰局必スシモ好轉セス
戦局必ずしも好転せず
戦局は必ずしも好転することなく

世界ノ大勢亦 我ニ利アラス
世界の大勢また 我に利あらず
世界の大きな情勢もまた、私達に有利なものではない

加之 敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ
シカのみならず 敵は新たに残虐なる爆弾を使用して
加えて敵はあらたに残虐なる爆弾を使用して、

頻ニ無辜ヲ殺傷シ
シけにムコを殺傷し
日もあけずに罪のない民を殺傷し

慘害ノ及フ所
さんがいの及ぶところ
むごたらしい被害の及んだところは、

眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
真に測るべく べからざるにいたる
まことに思いもよらない事態となった

而モ尚交戰ヲ繼續セムカ
しかもなお交戦を継続せんが
しかもなお、これからも戦争を継続するなら

終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス
ついにわが民族の滅亡を招来するのみならず
最終的には我が民族の滅亡を招くだけでなく、

延テ 人類ノ文明ヲモ破却スヘシ
ひいて人類の文明をも破却すべし
ひいては人類の文明をも滅亡させるだろう

斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ
かくの如くんはチンは何をもってか
このようなことになってしまい、朕、何をもってしたら、

億兆ノ赤子ヲ保シ 皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ
億兆のセキシをほっし 皇祖皇宗の神霊に謝せんや
億兆の国民をまもってきた歴代天皇のみたまに、謝罪ができるだろうか

是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ 應セシムルニ至レル所以ナリ
これ チンが帝国政府をして共同宣言に 応せしむるに至れるユエンなり
そのことが、朕が帝国政府を通してポツダム宣言を承知した理由なり




朕ハ帝國ト共ニ終始 東亞ノ解放ニ 協力セル諸盟邦ニ對シ
チンは帝国と共に終始 東亜の開放に 協力せる諸盟邦に対し
朕は帝国と共に終始、東アジアの開放に協力する諸盟邦に対し、

遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
遺憾の意を表せざるを得ず
深い悔いの念を表す事が上手くできない




帝國臣民ニシテ 戰陣ニ死シ 職域ニ殉シ
帝国臣民にして 戦陣に死し 職域に殉じ
帝国の臣民においては、戦場で死に、職域に命を捧げ、

非命ニ斃レタル者
非命にたおれたる者
天寿を全うする事無くたおれる者、

及 其ノ遺族ニ想ヲ致セハ 五内爲ニ裂ク
およびその遺族におもいを致せば ゴナイために裂く
および、その遺族に想いを致せば身(内臓)を引き裂かれるような(苦しい)思いとなる


且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ
かつ戦傷を負い災禍をこおむり家業を失いたる者 厚生にいたりては
かつ戦傷を負って災禍をこおむり家業・財産を失いたる者の将来の幸せに至っては、

朕ノ深ク軫念スル所ナリ
チンの深くシンネンする所なり
朕は深く(天子=統治者として)心を痛めるところなり

惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス
おもうに今後帝国の受くべき苦難はもとより 尋常にあらず
おもいを巡らせば今後、帝国の受けるだろう苦難は
言うまでも無く尋常なものではないだろう


爾 臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル
ナンジ臣民のチュウジョウもチンよくこれを知る
あなた達臣民のまごころ(本心)も朕はよく知っている。




然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所
しかれどもチンは時運の赴く所
しかれども、朕はこれからの時の運のおもむくところ
朕に振りかかって来るだろう苦難の

堪ヘ難キヲ堪ヘ 忍ヒ難キヲ忍ヒ
堪えがたきを堪え 忍び難きを忍び
耐えがたきを堪え、忍び難きを忍び、
朕にとっての苦難を堪え忍ぶことで

以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
もってバンセイの為に太平を開かんと欲す
もって末永く平和な世の中になってほしい




朕ハ茲ニ 國體ヲ護持シ得テ
チンはここに 国体を護持し得て
朕は今ここまで国体を守り保ち得てきたから

忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ
忠良なるナンジ臣民のセキセイにシンイし
忠義で善良な、なんじら臣民のまごころを信頼しながら

常ニ爾臣民ト共ニ在リ
常にナンジ臣民と共に在り
常になんじら臣民と共に今ここにある



若シ夫レ情ノ激スル所 
もしそれ情の激するところ
もしそれ(占領により政府が解体され)、感情が激するときに

濫ニ事端ヲ滋クシ
みだりにジタンをしげくし
正当な理由もなく事の発端を開き

或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ
あるいは同胞ハイセイ 互いに時局をみだり
或いは同胞で互いに押しのけたり陥れたり、
敗戦し占領される時局に対して短慮で無分別となり

爲ニ 大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ
為に 大道を誤り信義を世界に失うが如きは
その為に、根本的な人道を誤り信義を世界から失うような事態は、

朕最モ之ヲ戒ム
チン最もこれをイマシむ
朕がこれを前もって最も禁止する



宜シク 擧國一家子孫相傳ヘ 確ク神州ノ不滅ヲ信シ
よろしく挙国一家 子孫あいたえへ カタく神州の不滅を信じ
上手い具合に国を挙げ、一家、子孫があい伝え、かたく神州の不滅を信じ

任重クシテ道遠キヲ念ヒ 總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ
任重くして道遠きをおもい 総力を将来の建設に傾け
任重くして道のりが遠いのを覚悟し、総力を将来の建設に傾け

道義ヲ篤クシ 志操ヲ鞏クシ 
道義をあつくし 志操をカタクし
人としての正しい行いの道を篤くし、信念を固く持ち

誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ
誓って国体の精華を発揚し
強い意志を抱き国体の本質を発揚して
(今までこの国を培ってきた国を思う気持ちを発揮し)

世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ
世界の進運に後れさらん事を期すべし
世界の発展に遅れることが無いように期待している

爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ
なんじ臣民それよくチンが意を体せよ
なんじら臣民、その事に力を尽くし朕の意志を身につけよ

※青の背景部分は玉音放送を耳で聞き取ったものの表記です。


意図して「人道」のところでWikipediaのヒューマニズムへのリンクを張った。
これが果たして、神道の人神にとってそうだったかは反論が多くなろう。
ただ、私が思うところではその精神は大いに入っていたと思う。
文章を奏上したエリート達は、諸外国の原語に翻訳されることも知っていた。
コミュニケーションとは、意図を伝える、意図を汲む、その双方が必要だ。
相手の考え方を知った上で言葉を選んであろうと思う。
つまり、そのヒューマニズムを知っていただろう。

憲法九条がアメリカの押し着せという人は多い。
この文章は日本が全面降伏し占領される以前に書かれている。
しかし、この文面を見れば分かるとおり、私には自らの意思を書き記したものであると思える。

そして9条前文をよく読めば分かる。
ここに記されているものと同じだ。
それはヒューマニズムを謳っているものだ。

議論するなら、昭和天皇、その側近たちが決定した未来の日本の姿だろうと思う。
私と天皇の関係はなんだろう。若い時はずっと敬遠していた。
年を重ねて、知識を得て、ポジティブな面とネガティブな面とをあわせて考えて見ても、
日本には必要な存在であるとおもうに至った。
しかし、神とは思えないし崇拝もしない。

でも、この文面を読むと尊敬の念を抱くことが出来る。
それぞれが敬意を感じる上のものなら、言われことは期待にこたえたいとおもうのが通例だ。
その彼らの意図を汲み、私はいま、果たしてその期待にこたえているのだろうか。

そして、身勝手に保身に徹して最終的に国土全部を焼いたヒトラーと、
鈴木貫太郎内閣は全く違うのだ。
しかし國體(国体)の護持という考え方は集団ヒステリーの成れの果ての宗教のようにおもう。
それは海外から見ればファシズムに見えるだろう。
特別高等警察(秘密警察)が治安維持法で国民を苦しめた。
それは捨てたはずだが、最近のネットや経済の中で単一の思想で
暴言を吐き人を暴論を押し付ける風潮がある。
面子の為に他人を苦しめるような時代は続いてはならない。
個人は自由を有して生まれる時代となったんだから。

失敗を受け入れることが出来る人が、「失敗は無かったことにしてきた」
成功だけのパーフェクトな人物とは違い本当の未来を切り開くのかもしれないとおもう。
優秀とされ、虚栄の実績を積み重ねたエリートの軍人達が精神論を唱え戦争を先導した。

戦後、負けを認めた先人は大いに奮闘し、今がある。