APM Terminals
From Wikipedia, the free encyclopedia

APMターミナルは、オランダのハーグに本社を置く国際コンテナターミナル運営会社です。 世界最大の港湾ターミナル運営会社のひとつであり、貨物のサポートとコンテナ陸上サービスの提供を行っており、全世界の地理的範囲で最大の港湾運営会社です。



5つの大陸にある40カ国の74の港湾施設を運営し5つの新しい港湾プロジェクトが開発中であり38カ国でコンテナ輸送、管理、保守および修理を提供する100以上の陸上サービス事業を提供し、全体では58カ国に存在します。

APMターミナルは、2017年の連結ベースで41億米ドルの収益を報告し、2016年と同水準であり、コンテナ均等加算単位(TEU換算)では6.5%の基礎的な増収を達成した。
 ポートフォリオ・コンテナ(保有する全ブランドの総体)の取り扱い量は、Maersk Lineの堅調な成長により、北アジア、中南米、およびいくつかの地域での取り扱い量が増加し、コンテナ均等加算単位(TEU換算)で3970万TEU(3730万TEU)となり、2016年に比べて6.5%増加しました。
 APMターミナルのコンテナ均等加算単位(TEU換算)ベースでの伸びは、2017年に推定された6%の世界的な港湾処理量の伸びよりわずかに高かった。 新たに開始された事業体および売却されたコンテナ・ターミナルを合わせて調整された量は、5%増加した。
 投下資本は、主に実施中のプロジェクトへの設備投資により、81億米ドル(80億米ドル)に増加し、減損および資本規律により部分的に相殺された。

APMターミナルズは、英国のPentalverとベルギーのZeebrugge(APM Terminals Zeebrugge)、そしてベルギーと中国大連の内陸部のサービスを売却したが、2017年には3つの新ターミナルトルコのイズミル(APM Terminals Izmir)メキシコのAPM TERMINALS LázaroCárdenasが運用を開始した。 さらに、米国タコマのAPMターミナルズは9月に操業を終了しました(SSA Terminalsへ営業権を移管)。





 メキシコ、ラサロ・カルデナス(LázaroCárdenas)のAPMターミナルは、中南米最大の半自動ターミナルであるが4月に操業を開始しました。 ターミナルには世界最大級の船舶を収容する能力があります。 ターミナルの第1段階が完了したAPMターミナルズ/ラサロ・カルデナスは49ヘクタールの面積を占め、750メートルの長さの埠頭と120万TEUの年間能力を備えています。

 APMターミナルの戦略実施およびポートフォリオ(商品・提供するサービスの総体)の最適化の一環として、APMターミナルは、2017年に英国に本拠を置くコンテナ輸送およびその他のコンテナ関連サービスのPentalverの株式100%を売却した。Pentalverはイギリスをベースに海上コンテナ陸送と他の関連する海上コンテナ・サービスを行い、ベルギーのZeebruggeの51%を保有し(年間取り扱い能力は1.3百万TEU))、中国の大連(年間取り扱い能力は2.3百万TEUである)には20%の持分を持っていた。

米国タコマのAPMターミナルズは、ポートフォリオ最適化計画の一環として9月末に事業を終了し、そのconcession(譲許/営業認可・権益)をSSAマリーンに譲渡した。 APMターミナルズの内陸部サービスのポートフォリオは、ペルーのスヤナにあるコンテナ倉庫の開設を含む、6つの新しい場所でその存在を拡大しています。 スヤナはブドウの生産と有機バナナとマンゴーの最大の栽培地域の一つです。 ポートフォリオ全体で、APMターミナルは、物流要件をさらにサポートするために、陸上の顧客向けに新しい製品を投入しました。

財務実績、営業利益は挑戦的な市場における減損の影響を受け1億4千6百万米ドル(利益4億8千7百万米ドル)の損失を計上し、同時に新規事業の立ち上げの投資のために2千3百万米ドルの損失(4千9百万米ドルの損失)した。ジョイントベンチャーおよび関連会社における損益のシェアは5200万ドルの損失(193百万ドルの利益)でした。
※1ドル≒112円とした場合、
5200万ドルは58億2400万円

減損の影響を除くと、合弁事業および関連会社の業績は、2億1千2百万米ドルの利益であり、2016年より1千9百万米ドル高かった。税金は、前年度の調整、為替レートの変動などにより5千3百万米ドル(1億4千9百万米ドル)法律の変更に伴う米国の繰延税金および税率の低下への影響。 営業活動によるキャッシュ・フローは8億2千7百万米ドル(8億1千9百万米ドル)であった。 設備投資に使用されたキャッシュフローは、6億7,200万ドル(15億ドル)であり、そのうちの4億9千万ドルはコンテナ・ターミナルの導入プロジェクトに関連したものであった。
 2016年の設備投資は、主にスペインのGrup Marítim TCBの港湾および鉄道の権益の取得によるものであった(2016.5.9 Grup Maritim TCB Acquisition Completed & 2016.10.16 APM Terminals Signs Agreements to Acquire 100% of Grup Maritim TCB )。APMターミナルズは、1億5千5百万米ドルのプラスのフリー・キャッシュ・フローを生み出した(マイナス7億3千万米ドル)。 投下資本は81億米ドル(80億)に増加したが、これは主に、実施中のプロジェクトへの設備投資が、減損および資本規律によって部分的に相殺されたためである。

歴史


同社のターミナル事業の歴史は半世紀前の1958年、 ニューヨーク港のブルックリンに最初のA.P.モラー(wiki English 転送Maersk)の施設の設立と共に一般貨物を扱うために開設されました。


 1975年にグループはPort Authority of New York and New Jersey(ジョイントベンチャー)の為にPort Newark–Elizabeth Marine Terminalの51バースに最初のコンテナ専用ターミナルを設立しました。




APMターミナルズ2001年デンマークコペンハーゲンに拠点を置くマースク・グループ内の独立したターミナル運営会社として設立されました。
2004年、APMターミナルズは本社をオランダデン・ハーグに移転しました。 現在同社は、世界港湾、ターミナル、インランドサービスネットワークを統合した60以上の船舶にサービスを提供しています。74の港湾施設と5つの開発港があり、58カ国に100を超える貨物サポートサービスがあります。 5つの大陸。



1531619634529

APM Terminals BV



ビジネスオペレーション

 



  • 2017年に3つの新しいターミナルが稼動開開始:APMTerminals LázaroCárdenas メキシコAPM Terminals Izmir トルコAPM Terminals Quetzal グアテマラ
  • 2016年3月、APMターミナルズは、スペインに本拠を置くGrup Maritim TCBの港湾と鉄道の権益を10億ドルで買収しました。 この買収は8つのターミナルの獲得により、APM Terminalsのグローバルネットワークにコンテナ均等加算単位(TEU換算)で2千万TEUを追加する。
  • Meridian Port Servicesは、APMターミナルズとBolloré Africa Logisticsとガーナ港湾局との合弁事業であり、ガーナのテマ(Tema Port)に新たな大水深岸壁と350万TEUの取り扱い能力を有する港湾と物流拠点の設立に15億米ドルを投資する合意を正式に取り交わした。
  • Sogester Container Terminalは、APMターミナルの合弁会社であり、2014年5月、アンゴラ南部のナミベ港を運営、維持、開発するための20年間の譲許契約を締結しました。Sogesterコンテナターミナルは2007年以来、アンゴラの主要港であるルアンダで操業しています。
  • グローバル・ポーツ・インベンツはロシアで最大のターミナル操業会社であり、APMターミナルが共同支配株を保有し、2013年12月にロシア第2位のターミナル運営会社であるNCCの買収を完了しました。
  • 2013年2月、APMターミナルとトルコに本部を置くPetkimは、トルコのAPM Terminals Izmir に隣接するイズミール港を開発する計画の最終合意を発表しました。 15.5メートルの大水深岸壁は、2016年に28年間の譲許(営業認可と契約)で開設され、年間処理能力は150万TEUに達しました。




Recent Awards

2017
  • GE SSA輸送 "戦略的パートナーオブザイヤー"
APM Terminalsは、ナイジェリアの鉄道インフラ整備コンソーシアムへの参加のために、2017年9月にGEサハラ以南のアフリカ運輸「戦略パートナー」として受賞しました。
  • アラバマ州貿易優秀賞の州
APMターミナルズモバイルは、世界各地のアラバマ州からの輸出商品とサービスを促進し促進するためのアラバマ州知事ロバートベントレーの功績により、8つのアラバマ州企業の1つでした。

  • Global Ports Forum “Best Terminal in South Asia”
2016
  • ICHCA International Safety Innovation Award
2015
  • Lloyd’s List North American Maritime “Port Operator Award”
  • Containerisation International “Innovation of the Year” Award
  • All India Maritime & Logistics Awards “Container Terminal of the Year”
  • Lloyd’s List Middle East and Indian Subcontinent Awards “Logistics Award”
  • Pacific Maritime Association Safety Awards
  • Nigerian Port Authority “Most Environmentally Conscious Port Operator”


2014
  • CII 2013 Environment, Health, and Safety Excellence Award
  • Excellence in Inland Container Logistics" Award
2013
  • Lloyd’s List Asia Awards 2013 “Port Operator Award”
  • Containerisation International 2013 “International Terminal Operator of the Year”
  • “Best Inland Services Provider” (APM Terminals India)
  • Container Terminal Operator of the Year” (APM Terminals Mumbai)
  • Container Terminal Operator of the Year- Health, Safety and Quality Award” (APM Terminals Pipavav)
  • Container Freight Station of the Year-Private” (Chennai CFS)
  • Supplier Appreciation Award (APM Terminals Mumbai CFS)
  • National Quality Award (Morocco)
  • “Best Employer” Award (Morocco)

新ターミナル建設と既存の拡張事業の現在

新規開発事業
既存施設の拡張とアップグレードに含まれるもの


全球方位撮影された動画。再生しつつ、ストリートビューのように視点を切り替えられる。

事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮した、長期的な企業戦略


APM Terminalsが目指すサスティビリティの戦略と取り組みは4つの主要分野、すなわち
  1. Health, Safety and Security健康、安全および保安
  2. Environment環境問題
  3. Responsible Business責任の在る事業
  4. Social Responsibility企業の社会的な責任
に分かれています。重要な利益や新たな主な取り組みは、各業績カテゴリで達成または実施されています。

2017年にAPMターミナルズの事業ポートフォリオに記録されたロスト・タイム障害LTI)は141件ありました。これはAPMターミナルでこれまでに達成されたLTIの中で最も低い数字でした。 年間のLTI頻度率(LTIF)は、労働時間当たり100万時間当たり1.62であり、2016年に記録された1.52よりわずかに高い。また、APMターミナルズ施設では3人の死者があった。
 この新しいツールは、データを分析する能力を大幅に向上させ、今後の注意をどこに集中させるべきかというデータ駆動型の意思決定を利用して、リスクを排除するためのより詳細な洞察を得ることができます。

2018年には、引き続き環境パフォーマンスを改善し、地球環境基準とガイドラインを策定するように努めています。 APMターミナルは、温室効果ガスおよびその他の排出物の分野において、2010年の基準年から測定したCO2排出量を25%削減する目標を設定しています。





 APM Terminalsは、オランダ・ロッテルダムの彼らの新しいコンテナ埠頭のMaasvlakte II でのクレーンおよびコンテナ取り扱い機器に電力を供給するために、環境的に持続可能な風力発電の供給のために、アムステルダムのNV Nuon Energyと2年間500万ユーロ(623万米ドル)の契約を締結しました。
この新しい大水深岸壁を有するターミナルは2015年4月に正式に発足し、従来のターミナルに置かれたディーゼル動力装置と比較して、温室効果ガスと微粒子排出をゼロにする世界初のコンテナターミナルである。契約期間は2015年1月1日から開始されました。

APM Terminalsは、全世界のAPM Terminalsの港湾、ターミナル、内陸サービスネットワークで使用されている400以上のラバー・タイヤ・ガントリークレーン(RTG)を、両方のコストを削減するための手段として電気とディーゼルの複合電源に変換して改装するプログラムに着手しました。

 現在のディーゼルエンジン搭載のRTG艦隊から二酸化炭素(CO2)を排出しています。
ターミナルで積み下ろしされたコンテナを移動するために使用されるRTGは、通常、ディーゼルエンジンによって駆動される。
 新しい電源は、電力へのアクセスを提供するレールであるバスバーを利用して、電気とディーゼルの組み合わせになります。 最近の技術的進歩により、RTGに対してこのようなハイブリッド電力オプションが可能になっている。 E-RTGを使用することにより、従来のディーゼル動力型RTGと比較してCO2排出量を60-80%削減することができ、最終的なターミナルCO2排出量は処理されるTEUあたり20%減少します。 既存の400台のAPMターミナルズのラバー・タイヤ・ガントリークレーン群の大部分にレトロ・フィッティング(新部品の追加し改良改造)する事により、毎年7万トンのCO2排出がなくなります。




See also

参考文献

外部リンク





Yokohama - APM Terminals
横浜 APMターミナルズ



1531631112886




APMターミナル横浜は戦略的に東京湾の入り口の近くにあります。 東京湾内の船舶の交通時間を最小限に抑え、コストの節約に役立ちます。

当社の顧客はMaersk LineMCC TransportHapag Lloydなどの主要な輸送ラインです。

スーパーポスト・パナマックス級ガントリークレーン、ブースのないゲート、CFS(コンテナ貨物ステーション)、工場など、最先端の設備を備えた2001年にオープンしました。
日本のターミナルだけは顧客Maersk LineMCC TransportHapag Lloydなどの主要な輸送ラインの要求を満たすために正午休憩時間の間もゲートを開けます。
クレーンについては アウトリーチ22列、トロリー速度240m / m、吊上げ速度180m / m。
CFS(コンテナ・フレート・ステーション)には、顧客が港内においてコンテナのバン詰めとバン出しをするオプションがあります。
工場は、容器が高品質で高水準の端末装置にあることを保証する。
世界で最も生産性の高いポートの1つであり、基本的な仕事効率は一基のクレーンが1時間あたり48回稼動可能です。

Information
横浜コンテナターミナルは、日本国内でも最新かつ最新のターミナルである東京から25kmの場所にあります。 ターミナルは付加価値設備、ブースのないゲート、革新的なクレーン、CFS(コンテナ混載貨物ステーション)、工場などの効率的なターミナルです。

Shipping Lines
以下の船会社は私達のターミナルに連絡する。
あなたのコンテナに関する問題があれば、対応する行に連絡してください。














当ウェブサイトのこのセクションでは、ゲートインとゲートアウトの手続き、安全に関するイニシアチブとルール、Demurrage(デマレージ:超過料金 或いは 陸揚げ) ガイドライン、ターミナルと施設を案内するその他の有益な情報を習得することができます。



Gating in a full 実入り搬入のゲーティング
  1. ゲートに到着したトラックの運転手とフルコンテナは、コンテナ検査員にCY Container Stuffing Reportを提示します。
  2. コンテナ検査官は、容器の状態を検査し、シール番号を検査する。 その後、コンテナ・インスペクタはコンテナ・データをTruck Gate Systemによってゲート・クラークに報告します。 トラックスケールはコンテナの重量を測定し、自動的にACTIS(税関の旅具通関事務電算システム)を更新します。
  3. ゲート係員は、CYコンテナ詰まりレポートに従ってACTIS(Airport Customs Taxation and Information System)を更新し、対象コンテナはACTISから自動的に選択されたヤード・ポジションに割り当てられます。 トラックゲートシステムは、プラカードを印刷して、トラック運転手に対象物の積み重ね領域へ進むように指示する。
  4. ラバー・タイヤ・ガントリークレーン(RTG)ドライバは、プラカードに印字された専用の位置を照らし合わせコンテナの要件を拾い出す。
  5. 空荷のトラックはターミナルから退出する。

Gating in an empty 空バン搬入のゲーティング

  1. 空のコンテナがゲートに到着すると、 コンテナ検査官はコンテナの状態を検査しターミナルゲートシステム(トラックゲートシステム)にデータを入力します。 それが「破損した」または「クリーニングを待っている」コンテナである場合、そのコンテナはチョークでマークされます。
  2. ゲートクラークはターミナルコアシステム(ACTIS)とトラックゲートシステムをトラックドライバーに更新して、空のコンテナ・スタッキング・エリアに進む。
  3. 空バン取り扱いのドライバーは、コンテナの状態(チョークでマークされているかどうか)に従って無傷なコンテナ積みの領域または損傷領域のコンテナを下ろす。
  4. 空荷のトラックはターミナルから退出する。
Gating out a full 実入り搬出ゲーティング  

  1. 空荷のトラックがゲートに到着したらトラックドライバーがトラック・ゲート・システムの装置にディスパッチを置く。
  2. ゲート係員は、Equipment Dispatch Orderに従ってACTISを更新します。
  3. ACTISチェックはコンテナデータを収集します(demurrage free-time、通関、プラント検疫検査など)。ポジティブであれば、プラカードを印刷し、トラック運転手にコンテナの積み重ね領域に進むように指示します。 それが否定的であれば、ゲート係員はトラック運転手に陸揚げ料金を支払うように要請し、通関手続きなどを提示する。
  4. トラックはコンテナを積み上げる為にコンテナ・スタッキング(積み上げ)・エリアまで出向く。
  5. ラバー・タイヤ・ガントリークレーン(RTG)ドライバは、プラカードの情報に従って対象コンテナをピックアップします。
  6. トラックはコンテナ検査/ACTIS更新の為にアウトゲートに進む。
  7. トラック・ゲート・システムは、ゲートアウトEIRをプリントアウトします。
  8. トラック運転手がゲートアウトEIRをピックアップし、荷受人へ行きます。

Gating out an empy
  1. ピックアップオーダー依頼は、希望するピックアップ日の1日前の15:00までに在庫チームにFAXします。 在庫管理チームは、必要な(空バンの)コンテナが利用可能かどうかをチェックし、関連する予約が既に行われているかどうかをチェックします。
  2. 運送業者がゲートを通過すると、運転手は運送業者が空バンを拾うことが認められている受注を提出します。 ピックアップオーダーがスキャンされ、システム・ゲート・クラークのユーザーに直接アップロードされます。
  3. Gate Clerkは、空のコンテナの場所を指定するPick-Up Instruction(ピックアップ指示)をドライバーに与えます。
  4. 運送業者はその場所に進み、コンテナを受け取る。
  5. トラック運転手がゲートに戻り、ゲートチェッカーがコンテナの外部の状態をチェックします。
  6. トラック運転手はEIRを受け取り、退出します。


New Truck Procedures  新しいトラックの手順

Coming soon...

Safety
このリンクから関連情報を見つけてください。
(pdfファイルへのリンク)

Contact us お問い合わせ



APMターミナルズ ジャパン 株式会社 横浜ターミナル
横浜、中区、南本牧、神奈川、日本
電話:045-624-5900 (三菱倉庫 )
ファックス:045-624-5901

連絡先:
Mr. Takuya Kashida
APM Terminals Japan 株式会社 運営責任者
電話:045-624-5924
(注釈:この番号は三菱倉庫(株) 横浜支店 南本牧営業所)
Eメール: Takuy​​a.Kashida@apmterminals.com

Ms. Asuka Kawakami
APMターミナルズジャパン株式会社ファイナンス部長
電話:045-624-5853
Eメール: Asuka.Kawakami@apmterminals.co
 

note



an equity-weighted basis
gate out という言葉があった。

APMだが、通常の会話ではAPモラーと言い回すことが多い。
マースクと云う船会社の場合、A.P.モラー・マースクと言う場合が時々ある。
創業者の一人、アーノルド・ピーター・モラーの頭文字と思われる。
私の電話帳から

三菱倉庫(株)南本牧営業所インベントリ
輸出バン 問い合わせ クレーム
045-624-5925
045-624-5922

三菱倉庫(株)横浜支店 南本牧営業所
オペレーション
046-624-5924

APM Terminal 南本牧
8CC7DAC8-F539-4FF9-B660-B83850E7055F

4A07E76A-37C6-4E79-BFEB-CEAB623A5B14

5E3397D7-22B9-4BEB-A296-549B5ABDF1BA

4A83B579-77AC-465C-A088-97A60AC320B3

MCC Transportは、広範なフィーダネットワークと顧客重視の専門家チームを通じ、ダイナミックで急成長しているイントラアジア市場でコンテナ貨物サービスを提供することに重点を置いて、Maerskグループのイントラアジアのスペシャリストです。

Maersk、MSCに次ぐ、世界第3位のコンテナ物流企業




CNC Line Container Specifications
CMA CGM Groupの一環として、CNCは顧客に膨大な数のコンテナを提供しています。 ドライボックスから温度制御のもの、または換気されたものまで、お客様のニーズに合わせたサイズとタイプのボックスがあります。


 藤木企業