2018.07.14
 
プライバシーの侵害の可能性の申し立てがYoutubeにあり、
動画にBlurをかけ元の動画は削除しました。
48時間後から始まるYoutubeの審査を待ってもよかったが、
念のために削除しました。

加害者の彼にも生活があるということだろうか。
我々ドレージのドライバーの生活が圧迫されていることには誰も配慮してくれない。
著しい不公平を感じる。

公共の場で、公共の面前で、営業を行っている会社の社員が制服を着用し、
半公共のコンテナターミナルにおいて行っている行為は個人で行っているものではない。
公人という言葉は公務員に対する言葉なんだが、社会人が経済活動を公の場で
行っている場合、私達は公の人であると思うのだ。
そういう意味で私は以前からドライブレコーダーなど、
多くの場合でぼかし等は要らないと思うのだけどな。
まあ、仕方ない。既に記事を書いたので議論を費やしてる間、動画を非公開にも出来ないから。

ヤードに苦情の電話を入れる場合にも、
暴言、暴論を吐かれ、ターミナルの事務職の人間が電話を切ろうとする事が度々ある。
ドレージは彼らの親や親族であってお世話係であるかのような我がままを言って、
無茶な要求をしてくる。

やるせない。




SNSで回ってきていた動画をUPした。

記録しているかどうかは別にして、我々はこうした光景に出会うことがある。
こういうことは珍しいと感じない。
だから、このブログではその手の事はよく書いてきている。

一応、UPしない方向で見ないことにしていたんだ。
でも、こういう恫喝に対して今日は別件で想うことがあってUPした。
私はやむを得ずに、そういう事を行うことは承知している。
社会ではそれを全部否定している。
それの賛否を単純に問うことは出来ないのだけど、
この様な場合では否認する。





動画説明

2018.7.3 の案件。

1M出口付近で本線の右折場所。
分からないから迷ってるんだろう。
分からせる為の情報公開を、APMターミナルズは企業努力はしていない。
中部から東北までドレージは南本牧を目指してやってくる。
地元企業だけでは無い。
非常に広域に渡り公共性の高い港湾事業を一部の私企業が行なっている。

何があったにしても、こんな暴挙は会社同士の付き合いでは無いだろ。
ドレージは下請け企業では無い。船社の顧客のエージェントである。
そういうつもりなら、俺もこれからは遠慮しない。
荒くれの運転手同士なら普通だと思うけどね。
この誘導員は私も先月、30センチ位前まで言って怒鳴り返した。
こういう相手に遠慮は要らんよな。


APMターミナルズの日本総代理店は三菱倉庫である。
そして藤木企業が実際の業務の大きい部分を担っている。
(※メガターミナルオペレーター wikipedia

コンテナターミナルの運営者は独占的、寡占的企業が排他的な立場を利用し
その他の民業を圧迫している。
今後、ドレージ側と乙仲側の企業経営者は公正取引委員会に提訴していかなければならない。
トラック協会が改善を申し入れたところで高慢に見下したゾンザイな返答しか帰ってこない。

この様な行為は暴力を行使してるのと同じだ。
暴力を振るわれたくないから、従う振りをする。
今のところ、大勢の人がそうしている。


このヤードの流儀を分かっていないと、キレる現場担当者は非常に多い。
では、そのヤードがその流儀を分からせる為の努力をしているだろうか?
答えはNoだ。

周知徹底しないで、「俺のことをわかってくれない」とダダをこねる。
その様子は引いてみれば、幼児の言動だ。

こういう事は、運送業界の全般にわたって言える。
お前の会社のローカルルールなんざスポット配送のこちらに分かるかよ(怒
そんな事は日常茶飯事だ。
少なくとも、ICTの世の中なのでそれを言うからには情報公開したほうがいい。
こんなブログの解説が役に立つようでは話にならない。
プロモーションビデオを製作して、ご理解とご協力をお願いしますと
各社に回って周知徹底するのは、こんな動画の様な事をやるからには前提でやってなければならない。

このブログでは運転手サイドの問題も取り上げている。
でもね、こうした暴力的行為は許されないだろうとおもう。
私が逆に手を出せば警察を呼ぶだろ?
だからギリギリまで押さえて、事に及ぶ。
殆どの人は泣き寝入りするんだ。

こんな事だからこの商売は繁盛しない。

私が経営者なら直ぐに提訴する。
しかし個人の運転手でしかないので、ブログを書くしかない。

あと、パトロールの誘導がおかしいとか怒ったときはなるべく直ぐに電話した方がいい。

三菱倉庫(株) 横浜支店南本牧営業所

ど素人のパトロール、おそらくテナーのオペレーターが
踏ん反りかえってイミフメイに車の中で手を振ってることがある。
今後も速攻で私は電話する。



要注意人物が現場に出ている。
見かけたら危害を加えられないよう気をつけましょう。

5DCA9030-017F-4693-9360-277E5900B03E

BE964FE0-03DE-40B7-B0F4-B5D7D7738A44

6E72A398-1FF2-4FA1-A08E-86B13F4A60EE