Fuzz Townshend (wikipedia EN)

John Richard Keith "Fuzz" Townshend (1964年7月31日生まれ、身長 185cm [ 6 Feet 1 Inch]) はイギリスのドラム奏者、ナショナル・ジオ・グラフィックの番組カーSOSチャンネル4 / More4でも放映のTVプレゼンター、自動車評論家(中でもClassic Car Weeklyに執筆)、Practical Classics(車雑誌)の元テクニカルエディター、そしてメカニック。またTriumph Sports Six Clubの元名誉会長。 



The early years
  タウンゼントのアフロヘアは中学校時代などではユニークだったので、七歳の時の学校の仲良しが”Fuzz(綿毛、縮れ毛、その他の意味”とあだ名をつけた。

 彼の母は彼が10歳の時に全国紙の新聞のコンペティションでボクスホールシベットGMT-car規格の車の一つ。いすゞではジェミニ)を獲得した。彼女は運転を学んだことがなく、商品の代わりに現金を受け取ることを選び、その賞金で彼のドラムセットを購入した。

地元のジャズ・ミュージシャンAl Reedからレッスンを受けた後に、タウンゼントは1977年3月にわずか12歳でステージデビューした。70年代の終りまでにタウンゼントはクラブとカレッジバンドで演奏した。

タウンゼントは地元のバス会社ウェストミッドランズ旅客輸送エグゼクティブ(WMPTE)の見習いを始める。ダドリーにあるPassenger Transport Executive(旅客輸送エグゼクティブ)の車庫で仕事を始めた。



ダドリーの時代に、BBC Radio 1のJohn Peelの『Peel Sessions』の最初の2曲をレコーディングし  、そしてニュー・ミュージカル・エクスプレス のインディーズチャートへの道筋を作ったファーストシングルをリリースした。[要出典]


Music
彼は有名なビートシンガーのランキング・ロジャーと彼のジェネラル・パブリックに加入した。
その後ランキング・ロジャーのもと、アメリカツアーに一員として参加しました。

地元のインディーズバンド Pop Will Eat Itself ポップ・ウィル・イート・イットセルフは彼の地元でのドラム演奏活動に気づいて、そして彼にバンドへの参加を依頼した。タウンゼントはその後の四年半をそのバンドでドラムを叩いて過ごした。

その間、彼らはUKのシングルチャートとアルバムチャートの両方で成功を収め、Nine Inch Nailsと共に北米ツアーを行った。

タウンゼントは Bentley Rhythm Aceでダンスミュージック様式のドラムを始める。

彼の初のソロ・リリース "Hello Darlin" は1996年にリリースされた。(32歳)



そして1997年7月(33歳)にエコー・レコードと契約を結びました。UKチャート51位を記録。
彼は最初のソロ・アルバムを制作できるに至り、『Far In』は遂に1999年にUKでリリースされ、

Far in
Fuzz Townshend
Fruition
1999-04-12



2001年(37歳)にはStinky RecordsMTVVH1 の弁護士のチーフであるSabrina Silverbergが代表を務める会社)からアメリカでリリースされる。

Far in
Fuzz Townshend
Stinky
2002-03-12




2002年には彼自身の名前がタイトルのアルバムが続いた。

Fuzz Townshend
Fuzz Townshend
Stinky
2002-09-17




Townshend は2004年(40歳)にカレッジのパートタイムの講師になり、演奏練習と音楽の技術の講義を行い、その間に彼の所属した1996年に解散したバンド PWEI(ポップ・ウィル・イート・イットセルフの改革を決意する。 (2004年に期間限定で復活ライブを行なう。)

2010年 - 2014年  The Wonder Stuff

2004年のワンダースタッフの再編成時からのドラマー Andress Kuruが興味のあったフィルムに専念するとして2010年11月にバンドを去る。
古くからの友人で、他の注目すべきブラックカントリーバンド「ポップ・ウィル・イット・イットセルフのドラマーであったファズが替わって加入する。

Youtubeリスト The Wonder Stuff (Live in Sydney) Moshcam







2014年、ファズはThe Beatでの活動に専念する為にワンダースタッフを去る。 

The Beat (Britis Band)
The Beat (アメリカとカナダではThe English Beatとして、オーストラリアではThe British Beatとして知られている。)は1978年英国のバーミンガムで結成された。
 

The Beat feat. Ranking Roger / The New English Beat feat. Ranking Roger

2013年後半, The Beat with Ranking Roger は"Live In London "と云うライブアルバムをリリース。このアルバムは"How Do You Do (Side To Side)" と題された新曲、そしてまた以前リリースしたランキング・ロジャーのソロ曲"Dangerousや他の多くの曲でフィーチャされる。


2016年9月30日にはThe Beat feat. Ranking Roger は新しくスタジオ録音したアルバム 'Bounce'をリリースする。 'Bounce' はCDとレコードとDigital on DMF Recordsで発売された。

2016年6月にはアルバムから初のシングルカット 'Walking on the Wrong Side' がリリースされる。



Writing career and garage
Townshendの最初の執筆活動は Practical Classicsへの寄稿であり、2011年3月までテクニカルエディターを続け、フリーランスになる事を決意し新しいクラシックカーのレストア・ビジネスをWestgate Classicsで始めた。(47歳)


※このストリートビューはETS2に良く出て来るような景色ですね。






2016年の夏、ファズはウエストミッドランズのオールドベリーでTo-Ta Classicsという新しいガレージを立ち上げる為にWestgate Classicsを去る。(52歳)




タウンゼントの最新の起業はClassic Friendly Ltdで、クラッシックカーを得意とするガレージを結び、クラッシックカーのMOT(車検)制度の廃止に伴い、必要とされる包括的で安全な検査と整備体制と標準的なサービスの枠組みを提供する。
MoTはイギリスの車両検査制度で日本の車検制度に似ているもの.。{Mot 参考サイト1Mot 参考サイト2})
彼はまた、Classic Friendly Ltd傘下でオークションとオンライン・Carオークションの為の検査のスキームを新設しようとしている。

TV career

 

  TV制作会社は彼のガレージを使った新しいショー「Car SOS (wikipedia 日本語)」のスクリーンテストに彼を招ねいた。
彼は役どころとショーの舞台としての修理工場を配された。
Car SOSはイギリスのNational Geographic Channelで放送されている(そしてChannel 4 / More4で再放映される)。

タウンゼントは1960年以前に作られた古典的な車両のMoT要件を廃止する新しい法律を考慮して、古典的な車両をオーナー自身が適切にチェックすることの重要性を促進する新しいキャンペーン「Classic Aware」 の熱烈な支持者でもあります。

タウンゼントは現在The Beat(米国でThe English Beatとして知られている)のドラムを演奏しています。

The English Beat Official 【Youtube channel】




Discography

Albums
  • Far In (1999), Fruition
  • Fuzz Townshend (2002), Stinky
Far in
Fuzz Townshend
Fruition
1999-04-12


Fuzz Townshend
Fuzz Townshend
Stinky
2002-09-17



Singles
  • "Hello Darlin'" (1998), Fidelity Lo - UK no. 51
  • "Get Yerself" (1998), Echo
  • Tasty Big Ed (1998), Echo
  • "Smash It" (1998), Echo
  • "Dollar 97" (1999), Fidelity Lo - featuring Murphy
  • "Bus" (1999), Fruition - featuring Noel
  • "Y2K the Bug Is Coming" (1999), MBug - Ian Dury, Jim's Super Stereoworld & Fuzz Townshend
Hello Darlin'
Fuzz Townshend
Echo
2001-12-03


Get Yerself
Fuzz Townshend
Echo
1998-08-24


Tasty Big ed
Fuzz Townshend
Echo
1998-04-20


Smash It
Fuzz Townshend
Echo
1998-02-02


Dollar 97
Fuzz Townshend
Fidelity Lo
2000-01-24


Bus
Fuzz Townshend
Fruition
1999-04-12






Practical Classics (雑誌 パーティカル クラシック)

1980年に始まったPractical Classicsは、クラシックカーに関する英国の雑誌です。それは一般の人の手に届く範囲のクラシックカーだけでなく、現在は手頃な価格になっているより高価な外国製の車に焦点を当てています。
自分で行う整備に常に重点を置いており、修復、保守、修理に必要なスキルとツールを紹介しています。編集スタッフは、すべて自身で修復と整備作業を行った実動車を所有しています。
この雑誌には、特定のモデルに対する価格ガイドとバイヤーズ・ガイドがあります。
Practical Classics出版社であるBauer Consumer Mediaは、 ABCによるABCの審査請求を48,033件(2012年7月〜12月)と主張している。





note

  • 日本サイトのウィキペディアに2018.06.08の時点ではファズ・タウンゼントの日本語の独立した項目がありません。
  • 英文サイトの原文は冒頭にリンクしてあるとおりです。
  • 検索用ワード、ファズタウンゼント タウンシェンド
  • カーSOS wikipedia
  • 身長 185cm(6 Feet 1 Inch) 出典元 WikiNetWorth
  • dTVチャンネル


良い感じの日本の文を目指そうとしてますので、学校的な訳はしません。
その為、原文にある単語を省くなどしています。Howeverやas well as とかですね。
それってクイーンズイングリッシュでワザワザくっつけて居るのかな?
口語のリズムでは必要なのかもしれないと思いつつも、
意味が重複するとか不必要な部分は削除して、社会制度とか日本にない部分は勝手に付け足しています。