戦車道、乙女が青春を捧げるタンクストーリー。
卒業後は良き職業婦人、良き良妻賢母となり社会を支えるという。

そんなタンクストーリーなんてカテゴリーはガールズ&パンツァーしか知りませんけどね、
あつい、アツいストーリーなんです。


オレンジ色の二つの動線に関しては物語の中では見えないルートを勝手に補填して書いてます。
これを書かなくてもいいのだけど、全体の流れをイメージしやすくする為にあえて描きこんでいます。






OVA新シリーズ、始まってまだ見てないのですけど、
楽しみにしています。
この頃、ノモンハンのマップを作っていたこともあって、
旧日本帝国陸軍の戦車には熱いものが込み上げてきます。

だから本編放送中は気にも留めていなかった(ごめん)、
バレー部の駆る八九式中戦車(あひるさん号)の活躍には胸が躍ります。

1/35『ガールズ & パンツァー』 八九式中戦車甲型


劇場版では、大洗市街戦から色々あって決戦へ。
その初盤から九七式中戦車九五式軽戦車の大活躍する姿が見られます。



大戦車戦といえば日本の歴史では何があるかと思うのですが、
ノモンハンでは本格的な初の戦車戦をソ連との間に行っています
歩兵随伴とか戦車への歩兵の白兵戦とかの要素はガルパンには無いのですが
それはそれ、これはこれ。


ガールズ&パンツァー劇場版 主題歌 piece of youth



中学生の時からホビージャパンを読み始めた私は
黒騎士物語のポスターが秋山理容店2F自室に貼ってあったのにはもだえました。
この時代ですから、この黒騎士のLINEスタンプも時々使っています。


私達の住む町での市街戦闘を描写する漫画やアニメは今までもありました。
このガルパンの大洗市街戦というのは、トラックの運転手的な視点で
グーグルマップ・アースで見ると心を奪われる部分はあります。

戦車は右側通行なのか?!
この路地に入っていくか?!
パン屋の縦型看板やビニールシートの庇を引っ掛けるだろ!!
一方通行を逆走じゃないか!!!
信号機を倒したら復旧するのに何時間も掛かるだろ!!!

速度出し過ぎでほらみろ!
曲がりきれずに店舗に突っ込んだじゃないか!!!!



これら以外にも何冊も小林源文の漫画は買ってきました。
しかしやっぱり黒騎士物語は大きかったな。
月に一回、あれしか話が進まないんだからw
モデルグラフィックスもね、買ってましたね。

ガルパンみたいに命のやり取りがないならいいのにな。
ガルパン劇場版の大洗市街戦ですが、
町役場の東面の損壊情況や海岸線のホテルへの砲撃は
リアルなシリアの映像と重なり、かなり怖いものがあります。
暴言と暴論が氾濫するこの時代、ラブ&ピースを思う新年の始まりでした。