昨夜、大黒PAにオッサン二人で行ってきました。
ビッグボーイに行こうよって云うのだけど、もう呑んでるし
そろそろ寝たいんだと言ったんですがね。
何時まで経ってもあいつは来ない。段々気持ち悪くなってくる。
食事どころじゃないな、、、

まあ大抵こういった場合、車を自慢したいのか何かの話しかな。
やつは最近セレナを買ったといっていた。半分嘘だろうと思ってた。

644882F1-D4B2-4490-AAA6-22BB1DB83EFF

嘘だった。
エルグランドじゃないかよ。しかもハイウェイスター。
体調がどんどん悪くなっていて家を出る前に胃薬を飲んだ。
こういう車なんだし、食事は良いからドライブしよう、ということで
大黒ふ頭のサービスエリアに向けて出発。

ホイールはこの前焼津まで買いに行ったというインパルのデカイ奴。
メーカーオプションの車高調整キットも入っているので、
普通のハイウェイスターより2,3センチ低いそうだ。
欲しいホイールがなくて焼津まで買いに行ったというのだけどセレナでか?
と思ってたよ。
ひっくいな~~というと
「普通だよ、へへへ、ディーラーに入れるんだぜ。」
お隣の人が撮影しようとした途端、寝支度でなにやら始めてなかなか中に入らないので
写真は左を切れるように頑張ってみた。小学生の子供2人くらいと両親のようだけど、
愛知から来てここに寝るのか?と友人はぶつぶつ言ってたけど、私の体調は悪化の一方で
そんな事はどうでもいい。

先月T君のジムニーで立ち寄った時はそうでもなかったけど、
今回は遊びの車で駐車場が埋まっていた。到着したのは22時過ぎかな。
2017.12.29金曜日の夜だ。

7C209DA0-75D4-478D-8928-CA5CB58B5BC8

同じ車種や種別の車が固まっていた。
友人が言うにはオフ会だという。上の写真はニスモのマーチのグループ。
圧倒的に台数が多かったのはマツダ車のグループで、NAロードスターと
NDロードスターが多く、FCやFDの大きな占有地帯とRX-8クラブの様な集団。
そして、R32やスープラもチラホラ。友人はまるで90年代だな(藁藁藁

古い車が多いということに彼は注目してた。
私の感想としては新しい車はこういうカテゴリーが少ないし、値段が高い。
86なんかもいたけど、新型車ではNDロードスターが目立つ程度。
結局、みんな欲しくても変えない。
そして、雑誌やネットの影響で馴染みの在る車種が人気なのでしょうかね。
外車勢やGTRなども居たんだけど、隅っこでひっそりしてました。
その夜ごとの特徴もあって、「どうだ、すげーだろ!」という連中も居るのかも知れないね。

その昔、俺らは第3京浜の保土ヶ谷PAでバイクを見て回ってた。
雑誌やテレビで見るような本物の車種を見られるのが楽しかった。
90年代初めだとネットはなかったから、実際の車種を見られるのはなかなか楽しかったな。
いつかはこんな大型バイクが欲しいな~とかさ。
私は23歳で限定解除して、段々人のものを見ても面白くなくなっていった。
やっぱり、乗って楽しいかどうかだし、オフロードで遊んだ方が
デカいバイクより楽しいと思い始めた頃だったし。
所有欲を満たすということはある。ただ、車は基本的に道具だから
使い方の方をどう楽しむかということはいつも考えます。
勿論、カッコいいに越したことはないのだけどさ。

5D856399-8D07-405F-B01F-700F732C58FD

ルノーメガーレがかっこよかった。なかなか見かけない。
愛知の方から来てた車ですね。

B366B21F-C022-48CF-B0AE-2A9D1FC9933D

佐賀の車。友人が大爆笑してた。ごめんそんな事書いて。
でも私も同感だったのでw
乗ってきたエルグランドの足がカチカチで私は散々定評化してたんだけど、
「じゃああれなんてどうなるんだよ」って言うんだね。
「自走してきたんだよな、おそろしいwwwwwwww」
だそうですw
俺らは走り系のバイク乗りだったので、当時の暴走族とかヤンキーって言うのは
大嫌いだったというのもあるね、そういう気持ちの中にはさ。
私有物をどう改造しようが勝手だけど、いきがって馬鹿やるなよとは言いたいね。

587ACC82-E846-4E1C-8C2F-ECB93AE9C30B

こんな年末で大型トラックは数えるほどだった。
だから見た感じ大して迷惑でもなさそうだけど、
大型トラック枠にもやっぱり沢山カスタム車が入ってた。
寝てるドライバー的には外でガヤガヤいってると嫌だろうな。

まだ仕事でトラックに拘束されているドライバーと
暇潰しの金持ちの道楽者たち。
高い車を買って遊びで乗ってられるなんて羨ましいことだけど、
大型車枠のほうには外車や高級車が固まっていた。
迷惑な話だ。
トラック枠には止めないで欲しい。
お前ら遊びだろ、他所でも良いんだから。
空いてなければ素通りしても良いんだよ。
トラックはそこしかないんだ。
路上駐車は出来ないからPAに来ているんだ。
見せびらかしに来るのとは訳が違う。
そういう事が理解出来ないなら、身なりのいい成人だとしても
子供の振る舞いをしているんだからガキ扱いされても当然のことだ。
たぶんにこういうのはADHDなんだろうかと思う。
目に見えるものしか認識できない。
だから目に見えるところにお金を使って「人に認めてもらいたい」。
そんな風に見えてしまうね。

自由・権利と云うのは義務を果たしてるから成立する。
何をやっても自由だ、そういう前に義務を果たしているか考え直して欲しい。
それが社会人だ。

カスタム車も多くの他地方ナンバーがいた。
なんか愛知県ナンバーが多かったな。
千葉や八王子が多いのは普通なんだろう。

ローソンまで行った頃には体調は更に悪化し、
急かして帰ろうと提案する。
車に付いたら友人は紙コップを捨てに行ったんだけど
待ってる間に嘔吐しそうになる。
彼はH3がいたよ、とニコニコしながら見に行こうという。
私は車ををおりてトイレに小走りに向かった。
そして身体意機能の一部をバックギアに入れて発進。

まあ、処理後それまでが嘘だったかのように体調が回復する。
350缶のビールを二本しか飲んでいなかったのにね。
頭は酔っ払ってもいないのに胃腸だけがそんな状態にいっていた。

H3を見ようぜ!と言ったら
「もう行ったよ(’・д・)、凄い爆音だったぞぉ」
残念です。

E30EBFFF-DAB5-4E5F-9420-CDE8E14D7513

痛車。
一度はこういう車に乗ってみたいな。

全体的に、撮影してていいのかな、、、という思いはある。
世の中難しいよね。

東京なんてタダの一地方だ。
こういうカテゴリーで集まりたいとなると今の時代だと
こういうところに集まるのは仕方ないのかな。
もし、情報発信地の中心地が札幌だったらどうだろう。
今頃ウインタースポーツ関係や4駆の車での雪遊びなんて情報に溢れているかもしれない。
「今月の特集、ランクルにキャタピラ装着が熱い!」とかさ。
そしたらそんな車がどこかに集合してるかも。

僕らの世界は焦点を変えただけで、同じ景色の色合いも全然変わって見えてくる。

--------------------------------------------------------------

帰り道、友人にノモンハン事件マップを見たのかよと詰問した。
そしたらそもそも「ノモンハン事件ってなんだよ?」
という。勿論、大学でてるんだから受験範囲の知識はある。
でも日中戦争だと思ってた。

日中戦争は清王朝あとの中国との戦争。
太平洋戦争はアメリカと太平洋地域を植民地としていた欧州宗主国との戦争。
ノモンハン事件はソビエト連邦とその傀儡国家のモンゴルとの戦争。

>でも国境紛争なんだろ?
いやいや戦争だよ。
事件とつけているけど、やってた事は戦争だ。
湾岸戦争とか考えると、数ヶ月の作戦行動だったよね。
寧ろ、世界史的に見れば数ヶ月間の方が多いような気がするよ。
ソ連、今のロシアではハルビン・ゴールの戦いと呼ばれている。

キリル文字をコピペしても私は読めないのでアルファベット表示すると

Battle of Khalkhin Gol

Khalkhin = ハルビン
Gol = 川
向こうじゃハルハ川をハルビン川と呼んでる。

太平洋戦争が始まったのが昭和16年12月(1941.12)
ノモンハン事件は昭和14年の5月(4月)から9月(1939.5~9)
両軍をあわせて死傷者の数は2万人とか3万人とかそんなレベルだ。
それを国境紛争だと思う?
2回目の日露戦争だという人もいう。
日露戦争も半年くらいの期間の戦争だった。
その時はお金がないのにあんな大国と戦争をやるんじゃ
短期決戦しないと駄目だと国の上は大慌てだった。
そして借金し捲くって、どうにかこうにかいい形で終わった。
明治期の不況でブラジル移民だとかハワイ移民だとか、
国が切迫してたのに大きな借金をロスチャイルドに申し込んだ。
日本はその時期、戦国武将にならって言えば領国経営に失敗していたんだと私は思う。
だから朝鮮半島と満州がどうしても欲しかったんだ。

このノモンハン事件の事件だけど、内政的に見ると「事件」だという気はする。
つぶさに経緯を読んでいくと、国家の組織のなかで命令違反続発。
無謀な計画を立てて無駄に消耗する命と資産。
天皇陛下が駄目だといった言葉を大臣が無視する。
それは満州国の満州軍とは別に日本から送り込まれた国境警備隊(或いは駐留軍。
アメリカ軍で言えば海兵隊=占領軍。海外派兵=越境攻撃する為の軍隊)である
関東軍関東州の軍隊)の組織の各階層でも同じ。

だから、それは国内法で捌いて犯罪を糾弾すべき事件に満ち溢れている。

相撲界の話はまったくしらない。だから迂闊なことはいいたくない。
私にそれを書け、真実はこうだと語りかけてくる人もいる。
ただ、裏事情で見えない部分は知識がないから洞察が働かないので書けないけど、
見えてる部分なら掛ける。
ハッキリしてるのは警察に被害届をだしたということは「なぁなぁ」で終わらせずに
「記録」したということだ。組織内の腐敗や何か、そうしたものは失敗している人には
非常に甘く、厳密にやっているものには逆に処分が下される。
これは私が今まで経験してきたことそのものだ。
「悪が栄え、善は滅びる」のだ。
そこにノモンハン事件と同じ臭いがする。
この相撲はスポーツなのか伝統なのか、そういう意味で当事者が考えて
出す結果に部外者の俺が善悪を言うのは甚だ筋違いなのでこの辺にしておきましょう。

友人は「お前なんでそんなにノモンハン事件にこだわるんだ?」ときいて来た。
それは祖父がこのノモンハン事件の終わりに参加していたようだからだよ、と話した。
そして我が家の歴史。去来する思いは沢山あるけど、まあそれはいい。
自分の人生に大きな影響及ぼしている。それは間違いない。
子供頃の生活があって、今の生活に繋がるのだから。
人の親になればわかるだろう、その子供を生み育てる親にも
子供地代があってその親がいる。そのループだ。

人には生まれ育ちが在る。
何でも個人の努力で変えられるというのは幻想だ。
経営者でアウディA8からエルグランドの中古車をぽんと買う人いれば
エンジンの止まりそうなマジェスティしか所有できない奴もいる。
努力と才能ではどうにも出来ないものはある。
でも、これを知ればそれなりの人(私)でも
それなりの次のステップへの足がかりがつくと思うよ。

-----------------------------------------------------

日本はソビエト連邦と戦争をした。

日露戦争の帝政ロシア(ロシア帝国)とではなくソビエト連邦と日本は戦争をした。
ソ連は日本の野心に気が付いて、日本を叩くべくノモンハン事件の前から
国境最前線に着々とサンベース、マタット、タムスクなどの秘密基地を築いていっていた。
結構大きな町ともいえる。
サンベースは今のグーグルマップで言うとチョイバルサンだ。
ソ連の秘密都市というのだろうな。北東の直ぐ近くにもチョバルサンがある。
地図上には町がなければならないが、軍事施設が多いので描けない。
だから小さな町をカモフラージュで作ったんだろうか?

サンベース


マタット


タムスク


これらの要塞は塹壕で範囲を確認できます。
数千人から数万人の兵隊を戦場に送るためには近くにこんな範囲の街を築く必要がある。
兵器と云う工業製品にはメンテナンスが欠かせない。
武器弾薬と兵糧はもとより修理工場も必要だ。
病院や郵便局、煮炊きの燃料、排泄物処理、建築業者、沢山の専門業者が必要になる。
それは全部、税金から購入し維持管理される。


ソ連はドイツとも闘うし、日本とも闘う、それは共産党支配の初盤から意識されていたことだ。
太平洋戦争でアメリカに敗戦し、同時に日中戦争にも敗戦する。
そしてソ連の侵攻が始まる。
事の経緯を考えれば、予め誰だって分っていて良さそうなものだ。
ソ連は2正面で戦争しないようにしたのに、
日本は経済力で上回る範囲で戦争をしながらヒステリー状態で太平洋戦争を始めた。

だから結論は
日本は外交に失敗した。

戦争は外交手段の最後の方法という言い方もある。
私的には戦争は経済政策だとも付け加えておきたい。
その二点を考えると、今の日本はどうでしょか?
怒鳴り声を上げてる人達のいってることは正しいのか?
ヒステリックだよな。



組織構造の中の問題人物達

運送業界で長く働いてきて、非常に多くあることだけど
喜怒哀楽の激しい情緒が子供の様な人間が、下の時には
可愛がられるけど、徐々に覚えていくという見込みで
役をつけると暴走していく。
その失敗の度ごとにその内分るとかいい経験をしたと
寛容なことをやっていっていつの間にか長をまかされる。
すると一切些事がおかしい。

思い通りにならないときに激こうして怒鳴り散らす
大人がいると座はざわつく。結局、穏便に済ませるために
そういった野郎の意思を組む。その結果、どんどん付け上がっていく。
それを上役がお目こぼしするからイビツナ派閥ができていく。
ブラック企業の体力勝負や根性論が支配するのはそういう結果だ。
論理的な思考が出来ない大人でありながら子供の人達。
彼らにフローチャート形式で答えを誘導すると、段階ごとには
選択肢を間違えないが、全体で振り返ってみた時に自分の最初の
意見が間違いだとなっても、絶対に自分は間違いじゃないと言い出す。
間違いではない為の事実を捏造したり新しい物理法則を考案する。

前の会社の専務は、私に対して我侭が利かないことに不満があった。
時折それで衝突していた。
ある時、「俺が若い頃だったらお前なんかぶん殴ってボコボコにしていたぞ!な、Tハシ!」
と横にいた同僚運転手に同意を求めていた。そのTも「俺も殴っていたぞ!」と
散々な負け犬の遠吠えをして遠ざかっていった。
手を出したら帰り討ちという鬼の形相で見返してたのでそれ以上はなかったけど。
発端は自分の都合のいいようにただで使いたい、嫌です、ただそれだけの話。

Tは専務の前の会社のドライバーだった男で社内で窃盗してクビになり、
専務が某社に移って来たの機に他の会社から泣き付いてその某会社に入れてもらった男だ。
これも馬鹿でツイストロックはかけないものだと食って掛かってきたこともあった。
年は私より少し下で海コンは窃盗やった時期の話しから推測すれば10以上やっていそうだけど、
ベテランと呼ばれてもいい年頃だけど素人運転手業のプロだな。

要するにパワハラ上司だったわけです。

一度「若いドライバー怒鳴って命令してると、辞めますよ」と言ったら
「俺はただ大きな声で言ってるだけだ(ニコリ)」と言った。
時々そういうニコリがあどけない幼児のように見えた。
そういう愛嬌を振りまく男性の1人だったんだろうな。

こんな環境下にばかりいると、暴力で解決するぞいう阿呆が多いので
こちらとしても威嚇や恫喝という対応にならざるをえない。
実際、直ぐに手が出る。年食ったので控えようとは思うけどね。

いすづに修理に行ったとき、クラッチのところから壊れた部品が出てきた。
それをその専務に伝えたら、いすづの営業に

このど素人が!何も分らないくせに分った風なことをいうな!
原因は俺が判断する!


とどえらい剣幕で怒鳴り散らしていた。
この人は狂ってるんだろうな。そう思った。
一事が万事こんな事を言う人で証拠写真を見せても
自分の考えたいように、私のいうことを否定できるなら何でもいいから、
そういう風に事実を捻じ曲げ捏造してた。

提出した意見書は通し番号を滅茶にして
「分のつながりがおかしくてわからない、分け分らないこと書きやがって」
と言ってたけど、通し番号通りに直したら繋がった。
そういうのを支離滅裂というのだ。

自分が文章を読めないのでは無い、読めない文章だから悪い。
悪いのはあくまでも他に原因がある。
それで分ったのは文章を読むのが2行を越えると無理な人だということだ。
それは会話にも適用出来る。
話を聞いてて分からないんじゃない、
相手の話が下手で理解できないことにしてしまえばいい。
だから分かろうという態度を始めから取らない。
同じレベルの馬鹿をはべらせて多数決を作ってしまえばもう安心。
でも一対一で徹底的に話をすればボロが出る。
これは子供達のイジメで全く同じ事が言える。
大切な事は集団心理や集団を排除して個人として話をさせる事だ。

彼は要するに話の通じない馬鹿で、同じレベルの運転手を好んだ。
まともな人間ほど長くそこに居ないというのはそういう事だ。
社内の人の和が大切と言いながら、常に誰かの悪口を言ってるか
うんこちんこの話か武勇伝武勇伝、武勇伝でんでんででんでん。
悪(わる)自慢は遵法精神の真逆だし、
人の悪口は基本や良いこ事やって褒められてる人の逆なんだから
悪行をする事になるし仕事を覚えるどころか悪いおこないしか覚えない。
くだんのツイストロックなんかかけなくて良いんだ!というのはその分かりやすい記号だよ。
捏造してでも悪口を言って自分を高めず人を地盤沈下させる事で自分の地位をあげる、
それは人の和を作るのとは逆なんだけど,
寝坊するほど3、4時間も立ち話で熱心に和を保つ為のお喋り残業してくれていると評価するなんて、
全くクレイジーだよ。
それで私用電話ばかりで無線応答がいつもトンチンカンなのにね。

彼もそんな風に老人になるまで事実を置き換えて上手くやってきて専務になった。
運転手だったらいすゞのギガのミッションが壊れるのは
運転が下手だからではなく、いすゞの設計が悪いんだという奴が多い。
現行型がどうか分からないけどね。
一見、設計の問題点もあるから言い分を鵜呑みにしてしまいそうだけど、
実際の運転操作を確認すれば運転手が悪い方が多い事が分かるだろう。
「言い訳」は保身の為の弁明。
状況説明は状況説明。
コミュ障ほどそれを逆に置き換えて言い訳したり他人をなじる。

それはいいとして、
自分の会社で整備する某社だったので、その整備ミスを糾弾されて
怒っているのか、お金のかかる修理を提案されたのが嫌だったのか、
なんだかよく分らないが狂ってる人だった。
自分が命令を出す立場でいたい子供心で言ってると思うと、
指図されるのが全て嫌だから一事が万事そんな応答になるのだと理解できる。
何よりも面子を重んじるのだ。
だから何でも人に任せられないし、知った被るし見栄を張る
発達障害なのは間違いない。
ほか、馬鹿な話もあるけど、今回はここまで。

追記

子供たちのイジメの場合、親や教師サイドが発達障害という可能性もある。
モンスターペアレントなんて奴らだ。ドキュンカップルがそれになると思えば分りやすい。
横浜市教育委員会では福島からの避難者家族の子供が100万円以上揺すりとられた
犯罪があったのにイジメはなかったと言い張った。
誰か困る人がいたんだろうな。親サイドの市関係や企業の創業家家族とか。
もしかしたら教育委員会で一個でも傷か付けば面子を失い年収に変化があるのかもしれない。
面子だけが大切だけだったのかもしれない。
事実としてお金の動きが第三者から確認できる。
誰が見ても犯罪があったことが分る。
それでもなかったと横浜市教育委員会は言い張った。
とても正常な人間がやってるとは思えない。

そんな情況なら引越しや転校がベターな解決方法じゃないだろうか。
社会人なら欝になる前に退職して別の会社に言った方がいい。
むきになって戦い続けてもどうせ、コミュ障相手ではどうにもならないから。
労働基準監督局なんて何もしてくれないお飾りだしね。

横浜なんて暗愚な人間ばかりの住むド田舎なんだ。
おおよそモノの考え方に新鮮なところはない。
こんな土地から何か始まることを期待しちゃいけない。
開港都市だなんていうのから期待してしまいそうな先端とは真逆なんだ。
宝くじが当たってくれればこんな所から逃げ出せるのに。

こんな事が日本のそこかしこに溢れている。
戦争をやった日本は未だに脈々と続いているよ。

暗記型学歴社会のツケかもしれない。
暗記さえ優秀であれば収入が多くなる体質。
役人でも民間企業でもそんなだから、暗記する為の教科書が何歳になっても必要だ。
自分で考え発想するということが不可能なのはそういうことだ。
新概念も輸入に頼る。前例がなければ駄目だ。
失敗をしてみてもいいからやってみようという環境がないし、
失敗した時のリカバリーを全く教えない。
絶対に事故を起こさないはずで原子力発電所を作る。
今更、新潟で対策をしたっていったって信じろというのが無理な話だ。
危機管理というのは事故が起こったときに何をするかという事を考えないといけないのに、
事故が起こらないする事しか討論されない。

今を生きる私が、私達が何が必要で何をやるか。
それは前例に頼らないで考えてやっていくしかない。
インターネットに前例はない。
だから私は私が思うように書きます。



武田鉄也先生がこの本を取り上げた「今朝の三枚下ろし」がある。
金八先生はあまり見なかった。あんまり金八先生と云う気はしないけど、
この放送を聴いてると先生を付けたくなってしまう。
時々それは先生、暴走してますよwと思うこともある。
彼の言うことの全てが正しいとは思わないけども、読書家で勉強熱心で尊敬できる。

いつかこの本も読んでみたい。
組織運営の失敗。その内容というのは、日々の生活感情と合致する。

ノモンハン事件の記事を読む時にどうしても難所となるのが
戦闘シーンの描写だ。
結局、その下りを読まないと先の流れに繋がらない。

右翼だ左翼だ、誰々が悪いだ、そんな怒鳴り声がウットオシイ。
マスコミがどうしたとか、そういうのもテンプレートばかりだし。
こうした日々の生活感情や自分のルーツ、過去の失敗、
そういうものの中から何かを汲み取ろうと思うとき、
このノモンハン事件の理解というのは得るものが大きいと思う。


それだから、グーグルマップにその戦況を書いていく必要が在る。
目下、日々修正を繰り返しています。

--------------------------------------------------------------

動画を二つ。
世界初ともいわれる戦車同士の戦闘マップを書くのに参考に成ります。

ニコニコ動画
世界で唯一走行可能なチハ!ロシアの九七式中戦車(新砲塔チハ)


これは凄くイメージが湧きます。
実弾が飛び交っていたかと思うと身震いします。

 





ウィキペディアのコモンズの動画


正直、豆戦車と侮っていました。
今製作が進んでいる後半戦マップの戦場に山手線を書きました。
すると、高低差と距離が非常に分りやすく成りました。
東京駅から新宿に向かって徒歩とこんな戦車が進撃していったんだと思うと
それぞれのブログ記事や参考記事の書いてある肉感が伝わってきました。
40Kgくらいの背嚢を担いで歩くだけでもシンドイだろうに。

1514615060740


勤務時間8時間、残業5時間やったら帰宅。それでもノモンハンよりはマシだな。
何せ今日はここまで~なんて終わらない。
ぶっ続けで4日間戦闘なんてこともあったみたいだし。


-----------------------------------------------------------


以下は同時進行でそれぞれのマップを修正中なので、今何をやっているのか確認する為の表示です。

1 ノモンハン事件・ハルビン・ゴールの戦い 史跡MAP



2 第二次ノモンハン事件前半(1939年6月27日からの日本軍攻勢



3 第二次ノモンハン事件後半(1939年8月20日からのジューコフ



1514615809997


資料マップのリンク元
http://hamster02.narod.ru/index3.html

上の中から
http://hamster02.narod.ru/017.jpg

このマップは凄くいい。今まで白黒のコピーの様な画像を見ていたけど
このマップはカラーで文字も読み取れます。
上のニコ動のはじめに出ている画像ですね。
地形の起伏が分るので衛星写真と眺め比べながら煮詰めていきたいと思います。

4 ノモンハン事件の前後の世界情勢



5 満州鉄道、朝鮮の鉄道



6 越佐健児 歩兵第16連隊



---------------------------------------------
上の追記の関係の追記。

インターネットというのはサイボーグ的に考えて一種の外部記憶装置だ。
それは既に古典となってるウィリアム・ギブスンのニューロマンサーとか他の作品で
ずっと前から書かれている。
攻殻機動隊で有名な士郎正宗は初期のアップルシードでオートバイやバイクを
一種のサイボーグと捉えていた。

パフォーマンスとして暗記してることを直ぐに口に出来ると
私はやっぱりそれは良い事だと思う。
私自身は暗記型の勉強は苦手だった。
でも、こういう文章を書いたり人と話したりしたとき、
年号や解答方法の方程式とかはあまり必要ない。
コンピューターにやらせればいいからさ。
ノモンハン事件の時系列を整理して同時進行する各所の動きを把握する為には
やっぱり年号や月日というのは凄く重要だ。
でも、やりたいことは意味解釈だ。

受験や試験で何を求められるかと云うと、どんな風に考えていくのかではない。
暗記した答えだけだ。
もし、試験会場にコンピューターの持込が自由で
解答するのが小論文なら、向かう方向は変ってくる。
現在の大学のレポート提出などではコピーが多すぎるということで
そういうものの摘出をする技術が作られつつある。
コピペ文の論文はその内問題にならなくなるだろう。

今すぐにコンピューターの持ち込み自由と云うのは無理だろうけど、
きっと目指す方向はそっちの方だと思いますよ。