新作動画解説、セミトレーラーのバックで何処を見てドライバーはバックするのか。
それについてETS2で解説してみました。

これは実際の牽引車の初心者の為の教習教材のつもりで作っています。
ETS2のプレイヤーも対象にしています。



車庫入れ7screenshot9431-1


車庫入れ7screenshot9432


車庫入れ7screenshot9433-1

という事で、動画の解説は中で完結しています。
動画の中の静止画部分をこちらで紹介する為に記事を作成しました。

--------------------------------------------------------------------

セミトレーラーのバックの時の車両の動きは不規則で、
コントロールが難しい。

運動神経、反射神経で動きを補正するのが腕の見せ所だ。
それには年数と経験が物をいい、センスのあるなしの差が出る。

勘違いしている人が多い

ルービックキューブの立体パズルを解くには法則に沿って
廻していけば綺麗に色が揃う。
それとセミトレーラーのバックは同じだ。

操作するための一定の手順と法則を理解していれば
コントロールは難しくない。
セミトレーラーは単車(普通のトラック)に比べて無理な立地条件の
敷地や建物の中に車庫入れが可能なくらい小回りの動きが可能だ。

その所為で安全の確保が厳しいところにも車庫入れしないといけないことが良くある。
建物や塀や人の巻き込みと云う点で、非常に難しい運転となる。

セミトレーラーの車庫入れは、コツを掴めば難しくない。

とはいえ修正回数が少なく狙った場所に綺麗にバックできれば、上手だろう。
その意味で私はまだまだですけどねw;

--------------------------------------------------------------------

ここからは日々雑感です。

ETS2というゲームでは自動で車庫入れを完了することもできます。
だから、前進だけでヨーロッパの風景を楽しみながら
ドライブシュミレーションをするだけでも良いのです。

このゲームをオンライン化できるトラッカーズMPという外部クライアントで
ワールドトラッカーズに接続すると他のプライヤーと一緒に走ることに成ります。

オンライン上で他の方はバックはあまりしていません。
セミトレーラーの運転は難しい。どのように操作して良いか分らない
というのが実情という事ですね。

ただ、運転できたら面白い。
きっと誰でもこのゲームのプレイヤーは感じているでしょう。

このブログはセミトレーラーの海コンをテーマにしたブログです。
実際の運転教習についてもこれまで解説してきました。
私がセミトレーラーの運転手になる為に合宿免許に通ってた2013年に比べれば
今はセミトレーラーの運転解説は増えました。
最近、他の方の動画解説なんかもこんなに有るんだな~と気が付きましたw;

私はアドリブが利かなくて後でああいえば良かったこういう言い回しがあったな、
と後悔することが多い。話し方も「テレビ」向きではない。タレント性がないw
そういう事でブログとかは後で書きなおせるので私に向いている。
雑感、動画説明に関しては、分りにくい方が再生回数が増えるかもしれない。
でも分りやすい方が良いだろう。
既に何度も解説動画を作ってるんだけど、映像的には作りなおすしかないので
本数は増えてしまいますね。

声で解説するにしても文字で書くにしても、
人の相性があって頭に入る場合とそうじゃない場合がある。
だから、何処かの誰かにとってベストな何かを
それぞれの中で見つけていくしかないでしょうね。

そしてその需要に対して教材を提供してみたい。
少なくとも私は、文字でかかれてたほうが良い。
ブログ全体としても積極的に読もうという意思がある人、
能動的に理解したい人向けにミニマムに作っていくでしょう。たぶん。

--------------------------------------------------------------------

実物動画 アップ主さんの許諾をいただきました。
前進で構内侵入をスマホを運転席付近に固定し撮影した前を動画です。
最後の直進バックですが一見タダのバックですが、
トレーラーなのに頭が左右に振られていません。
ベテランの力量ですね~