配車明細ボカシ入り

jpg large

人によって配車明細を丸暗記だったり、
ボールペンでマーキングしたり、赤青黒のボールペンで書き込んだり、
ラインマーカーで色分けしたりして明細を読み込んでいる事でしょう。
出来る人なら。

うちはドライバーは丸一日フルボリュームで無線を追いかけながら
名前を入れたり進捗状況を書き込んだりしてる人が多い。
だから指示が半端でも自律して動く。

私はこの明細の読み込みを朝のルーチンワークの一つにしている。
前の会社からずっとそうなので、移って来てから困ることは無かったし
後輩を一気に伸ばして上げられたと自負しています。

この明細に何か分らない事が書いてあれば、調べる。
同僚に電話をするとかネットで調べるとかね。
色なんかつけておくと走りながら指示を聞いて、信号待ちの時に
該当箇所を探すのが凄く早い。
おじさん、老眼とか近眼とか乱視とかで明細を見るのがちょっと億劫に成ってきてますからね。
ブッキングだけで輸出バンを拾うとか、それほど苦じゃないんですよ。
それはバンシモ(バンナンバーの下四桁)を聞いた方が圧倒的に早いけどさw
一箇所のバンニング屋さんでも数件の荷主さんを抱えている場合が多い。
そういう荷主さんを覚える事でフォークマンとの意思疎通が早くもなるしね。

まだこういう事をやっていない人は、お薦めしますよ。
こういう配車明細がある会社ならばね。