思いつきで一覧表を作ってみました。基本的にはウィキペディアの写しとリンク、
後は直接ホームページを探して気になる要点を抜いてみました。
まあ、バインダーのルーズリーフに書くか、こっち書くかくらいの備忘録ですよ。
スマホのブラウザで見るとテーブルの所為でとても読みにくいです。
これを読もうと思う人はパソコンで見てください。

シッピングアクセス

船社
本拠地
創業
 備考(Wikiコピーなど) 
Sealand

1956年~1999年 シーランド wiki 英訳
今日につながる船舶用コンテナの発明者は全米有数の陸運業者を裸一貫から創業したマルコム・マクリーン英語版といわれ、1956年にアメリカ最初のコンテナ専用貨物船「Ideal-X」を就航させている。

ウィキ 海上コンテナの歴史
NYK
日本郵船

日本

日本郵船

1885(明治18)年 郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の合併により、9月29日 日本郵船会社を設立、10月1日創業、資本金1,100万円、所有汽船58隻
三菱財閥三菱グループ)の中核企業であり、三菱重工とともに三菱グループの源流企業である。
K-LINE
川崎汽船
日本

川崎汽船
1919年(大正8年)4月5日 1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。
コンテナ船事業では、韓国の韓進海運、台湾の陽明海運、中国のコスコ・コンテナライン海運アライアンス「CKYHグループ」を組んでいる。
メインバンク:みずほ銀行

グループ企業抜粋
株式会社ダイトーコーポレーション
日東物流株式会社
インターモーダルエンジニアリング株式会社
芝浦海運株式会社
日本高速輸送株式会社
MOL
商船三井

日本

商船三井

1999年04月 1964年(昭和39年)、三井船舶と大阪商船が合併、「大阪商船三井船舶」(略称・商船三井)が誕生(英文社名のO.S.KはOsaka Shosen Kaishaが由来)。
2015年(平成27年)現在は三井グループに属する
MAERSK
マースク
デンマーク
1904年
A.P. モラー・マースク(デンマーク語:A.P. Møller - Mærsk A/S)は、デンマークの首都コペンハーゲンに本拠を置く海運コングロマリット。

1904年、ピーター・マースク・モラーアーノルド・ピーター・モラー親子が中古の汽船「スヴェンドボーグ」を購入して事業を開始。その後業容を拡大し世界屈指の海運会社へと成長。

1999年にはシーランド社の国際定航部門を買収(現在のマースクライン)、2006年2月にはコンテナ船部門で世界第3位だったP&O ネドロイド(イギリス・オランダ系)を買収し(現在はマースクラインの名で運航)、さらに規模を拡大させた。

2017年 ハンブルグ・サードを買収予定

WAN HAI
ワンハイ
台湾
1965年 萬海航運股份有限公司台中連絡處

ワンハイライン wiki 英訳
OOCL
Orient Overseas Container Line
香港
1947年
東方海外国際有限公司
1947年、董浩雲が東方海外航運公司(Orient Overseas Line)を設立。コンテナ事業が本格化した1969年に現社名に改められた。1982年、浩雲の死去に伴い息子の董建華が代表の座を継いだ。建華が香港特別行政区行政長官に選出された後は、弟の董建成が代表の座に就いている。台湾とのつながりも深く、社章には中華民国の国花である梅がデザインされている。

日本の日本郵船、ドイツのハパックロイド (Hapag-Lloyd、マレーシアのMISC (MISC Berhadとともにグランド・アライアンスを構築している。
EVER GREEN
エバーグリーン
台湾
1968年
長栄海運、エバーグリーン・マリン(ウィキ)
本部は台北市。

創業者張栄発、日本名:長島發男(ながしまはつお)。1961年に共同出資者と船会社「新台海運公司」を設立し中古の貨物船1隻で起業後、台湾初の新造船を持つまでに成長させ、1965年には別の共同出資者と「中央海運公司」を設立するも丸紅を通じて購入したセントラル・トラスト号の不調がもとで揉め、同船とともに同社を離れて独立、丸紅の支援も得て、1968年9月1日に長栄海運を設立し、世界的な海運業者のひとつに成長させた。

1989年には台湾初の民間航空会社エバー(長栄)航空を立ち上げて航空業にも進出し、台湾最大手の運輸企業グループに育てあげた。2011年時点で個人資産16億米ドル(約1870億円)とされる。1985年には張栄発基金会を設立し、教育現場への『道徳月刊』無償配布をはじめ、医療・文化面での社会奉仕も続け、2011年の東日本大震災時には個人名義で10億円を寄付するなど、長年にわたって日台交流の促進にも寄与した。2012年春に旭日重光章を受章。2016年1月20日、88歳で死去した。
YANGMING
陽明海運
台湾
1972年
ヤンミン・マリン(ウィキ)
陽明海運は1972年12月28日に設立、本社は中華民国(台湾)基隆市にある。

COSCO
コスコ
China Ocean Shipping (Group) Company
中国(北京)
1961年
中国遠洋運輸集団(中海集装箱運輸股份有限公司) wiki

日本の川崎汽船、台湾の陽明海運 (Yangming、韓国の韓進海運 (Hanjin Shippingとともに、CKYHアライアンスを構成している。

1961年発足した中国初の開運会社を源流に持つ中国遠洋運輸集団と、1997年に設立した中国海運集団という中国の海運1位と2位の国有企業が合併し、2016年2年に正式発足した。

コスコ wiki 英訳
CSCL
China Shipping Container Lines
中国(上海)
合併吸収
COSCOと合併
チャイナ・シッピング
CCL
CENTRANS OCEAN CONTAINER LINES
中国(上海)

中通遠洋コンテナライン
上海、中通国際海運有限公司(CENTRANS INTERNATIONAL MARINE SHIPPING CO., LTD / 通称:CCL)
CCNI
Compania Chilena de Navegacion Interoceanics

1930年
2015年3月 ハンブルグ・サードに引き継がれる。
INTERASIA
インターエイシアライン
日本 1967年 東南アジア全域にわたり定期航路の開設ならびに不定期船の運航を目的として、昭和42年9月、日南海運株式会社として発足し昭和44年4月、現在のインターエイシアライン株式会社と商号変更。
SINOTRANS
シノトランス
中国(北京) 1950年
SINOTRANS wiki翻訳
中外運集装箱運輸有限公司(SINOTRANS CONTAINER LINES CO.,LTD)
 SITC Lines 中国 1991年
SITC 沿革
 
JJ 錦江シッピングジャパン
Jin Jiang Shipping
中国 1983年 上海錦江航運(集団)有限公司 会社紹介
上海錦江航運(集団)有限公司 SHANGHAI JINJIANG SHIPPING (GROUP) CO., LTD. は1983年に設立された上海市政府直属の国有グループ企業であり、主に国際海上コンテナ輸送を営み、現在、上海~日本・台湾 間、及び青島~日本間のコンテナ定期船航路を運営
TS-LINE 台湾 2001年 T.S Lines Japan
徳翔海運
Safmarine
サフマリン


1999年 マースクが買収。
Hapaq-Lloyd
ハパックロイド
ドイツ
1847年
ウィキペディア
1970年9月1日、西ドイツの名門海運企業であったハンブルクのハンブルク・アメリカ・ライン(ハンブルク・アメリカ小包輸送株式会社、Hamburg-Amerikanische Packetfahrt-Actien-Gesellschaft, 略称ハパック、Hapag)と、ブレーメンの北ドイツ・ロイド(ノルトドイッチャー・ロイド、Norddeutscher Lloyd)の合併によりハパックロイドが誕生した。
APL
アメリカンプレジデントライン
シンガポール
1848年
アメリカンプレジデントラインズリミテッド社(英語: American President Lines Limited、略称APL)は、シンガポールに本社を置くコンテナ輸送海運会社。
CMA-CGM
CMA-CGM
フランス
1855年
ウィキペディア
CMA CGMCMA CGM S.A., フランス語: Compagnie maritime d'affrètement - compagnie générale maritime)はフランスを本拠とする世界有数の海運会社・コンテナ運送会社。170の定期コンテナ航路で世界150カ国の400の港湾を結び、マースクラインMSCに次ぐ世界第3位のコンテナ物流企業
メディテラニアン
MSC(Mediterranean Shipping Company S.A.)
スイス
1970年
MSCMediterranean Shipping Company S.A.)はスイスのジュネーヴに拠点を置く海運会社
PIL
パシフィック・インターナショナル・ラインズ
シンガポール
1967年
Pacific International Lines

太平洋国際線 wiki 英訳
UASC
United Arab Shipping Co.
クェート
1976年
United Arab Shipping Co. Google翻訳

Hamburg Süd
ハンブルグ・スド
ドイツ
1871年
ハンブルグサード wiki翻訳
2016年 マースク・ラインに船舶部門を引き継ぐ契約を発表。
P&Oネドロイド
P&Oネドロイド wiki
イギリス

P&O ウィキ
P&Oグループ傘下には、Nedlloyd (オランダ)と経営統合したコンテナ船のみの海運会社・P&Oネドロイド P&O Nedlloyd があったが、2006年、A.P. モラー・マースク(デンマーク)に買収された
ZIM イスラエル
1945年
ZIM ウィキ
ZIM統合海運事業会社(ジムとうごうかいうんじぎょうがいしゃ、略称: ジム、ヘブライ語: צִי״ם‎, tzī"m, 英語: ZIM Integrated Shipping Services Ltd., "ZIM")は、イスラエルの海運会社
ZIM とは 「海商船団」 を意味する聖書ヘブライ語 「צִי יַמִּי מִסְחָרִי (tzī yammī mischārī)」の略語に由来し、本来は 「ツィーム (tzīm)」 と発音する。

ZIM wiki 英訳
井本商運
日本


井本商運
 
韓進海運
ハンジン
韓国 1977年 韓進海運 wiki
SINOKOR
長錦商船
韓国 1989年 長錦商船株式会社(韓国本社)は、1989年に、香港会社登録庁から長錦有限公司(Sinokor Company Ltd)の商号を承認される。
ヒュンダイ
現代商船
韓国 1976年 HMM JAPAN
HMMは韓進海運と共に、韓国の輸出のほとんどを動かしている。

現代商船 wiki 英訳
Dong Young
東暎海運株式会社
韓国
1974年
History of DYS
Nam-Sung
南星海運
韓国
南星海運ジャパン
KMTC
高麗海運
韓国 1954年 KMTC紹介
HEUNG-A
興亜海運
韓国 1961年 三栄海運
主に日本の地方重要港湾と釜山港を結ぶ日韓定期コンテナ航路を開設しており、トランシップ・サービスで世界各地の中国・東南アジア・北米欧州などの港を結んでいる。日本での総代理店は三栄海運
DONG JIN
東進エージェンシー

2001 東進エージェンシー株式会社
HASCO
ハスコ
中国
 
1989年 上海海華輪船有限公司
 
(SHANGHAI HAI HUA SHIPPING CO.,LTD)
SIPG






  

リースコンテナ会社
 
 
 
備考
TEX
Textainer

バミューダ

1979年
リースVANの会社。HASCO
ハスコ
 

Textainer Group Holdings Wiki 翻訳
子会社
  1. Textainer Equipment Management Limited(TEML)
  2. Textainer Limited(TL)
Textainer Limited(TL)は2社を所有している
  1. Textainer Marine Containers Limited(TMCL)
  2. TW Container Leasing Ltd.(TL and Wells Fargo Container Corp。)

TRITON
トリトン
バミューダ 1980年
ホームページ
Tritonは1980年にインターモーダルコンテナリース事業を開始。

「トリトン」、「当社」、「当社」および「当社」という用語は、トリトン・コンテナ・インターナショナル・リミテッド、ハミルトン、バミューダおよび当社の連結子会社を指します
TAL
ティーエーエル
アメリカ 1963年 TALインターナショナル・グループ・インクは、1963年に設立され、ニューヨークの購入(Purchase、New York)に拠点を置いています。インターモーダル貨物機器リースおよび海上コンテナ管理サービスを販売しています。
Florence
フローレンス


ホームページ
Seaco Srl
シーコ
バミューダ
1998年
海上コンテナを販売およびリースする会社です。 1998年にGeneral ElectricとSea Containerの 合弁会社としてGE SeaCoとして設立
Seaco srl HP

SeaCube
シーキューブ


SeaCube Container Leasing Ltd
ホームページ
CAI


ホームページ
CRONOS
クロノス
英国

ブルームバーグの登録情報
Cronos Containers Limitedは海上コンテナをリースし、管理しています。
クロノス・コンテナズ・リミテッドは、1981年に設立され、英国のマーローに拠点を置いています。 同社はCRG Liquidation Companyの子会社として営業しています。
DONG FANG
ドンファン
香港 1997年 1997年 に設立 されました。香港に拠点を置くインターナショナルコンテナリース、トレーディングおよびマネジメント 会社。
Beacon
ビーコンインターモーダルリース
日本

2014年11月、Beacon Intermodal Leasing、LLCは三菱UFJリース&ファイナンスカンパニーリミテッド(MUL)の完全子会社となりました。 MULは1971年に設立され、日本に本拠を置く業界をリードする総合金融会社です。









  
会社名
 
 
 wiki引用  
三菱財閥
1870年
三菱財閥は、日本三大財閥の1つ。
土佐藩出身の岩崎弥太郎が創立した三菱商会を基盤。
→日本郵船
住友財閥
400年以上前
世界財閥家系のなかでも最も古い歴史を持つ
三井財閥
江戸時代
三井財閥(みついざいばつ)は、三井越後屋(三越・三井銀行)を源流に始まった。日本三大財閥の一つ。
山九 北九州市
1918年
社名の由来
 中村汽船(1969年に日本郵船の傘下となる)が、当時八幡や徳山といった九州地方と山陽地方を基盤として事業を行っていた磯部組を買収した際、それぞれの地方名の頭文字と感謝の気持ちとしての英発音「サンキュー(Thank You)」とを掛け合わせて、磯部組の社名を山九運輸株式会社とした事に由来する。 なお、コーポレートスローガンは「ありがとうの気持ちが会社の名前です」である。
日通 東京
1937年

1937年(昭和12年)10月1日 に、第二次世界大戦中の戦時経済統制の一環として、戦時物資を円滑供給するため、自動車(トラック)を用いて、貨物列車での集荷・配達業務を行う、全国の通運業者を統合して日本通運法の下で国営企業として成立された。


戦後、1950年(昭和25年)に、日本通運株式会社法を廃止する法律が施行され、民間企業として再出発した(各地の旧日通系業者は「赤丸に白抜きの旧字体“通”」マークを共通使用している)。その経緯からか、旧日本国有鉄道の流れを残す会社である。

上組 神戸
1867年 1867年(慶応3年)に神戸運上所出入りの貨物の運搬を行う、「神戸浜仲」として創業。神戸港を始め、全国の主要港湾などで業務を展開している。
1873年 - 「上組浜仲」と改称。神戸港の上方(東部)を担当する組の意。これが現社名の由来となる。
宇徳 横浜
1890年 株式会社 宇徳は、神奈川県横浜市中区に本社を置く港湾運輸事業の大手。
1890年 宇都宮徳蔵が「宇都宮徳蔵回漕店」を創業。
日新 横浜
1938年 日新コーポレーション
1938年(昭和13年)に創業した独立企業。本社所在地は神奈川県横浜市。
ダイトーコーポレーション 東京
1934年 HP 沿革
1934年 大村組と極東回漕店が合併し、資本金23万5,000円を以って大東運輸株式会社を設立。
川崎汽船株式会社の京浜港における総合代理店ならびにこれに附帯する港湾運送業者として営業開始。
鈴江コーポレーション 横浜
1908年 鈴江コーポレーション HP
1908年(明治41年) - 神戸において、鈴江組設立。
1924年 - 本店を横浜に移転。

東京国際ふ頭 東京
1969年
昭和44  8      東京国際埠頭株式会社を資本金1億円で設立
東海運 東京
1917年 東海運 HP
1917年 (大正6年) 東 海運株式会社設立 山下汽船株式会社の東京湾における専属回漕業を開始

1969年 睦海運株式会社、中央運輸株式会社の2社を吸収合併。
芝浦海運 東京
1940年 1940年 食料品、呉服織物等物産の販売を目的として大東物産(株)を設立。
1942年 東京芝浦電気(株)の関連会社となり、商号を芝浦海運(株)に変更。
1945年 東京芝浦電気(株)の持株企業解散により、同社関連会社を離れ、一般海上貨物運送業務を開始。
1951年 小林回漕店の下請として、大東運輸(株)(現 (株)ダイトーコーポレーション)関係はしけ運送業務を開始。
伊勢湾海運
名古屋
1949年
伊勢湾海運 HP
NCBコンテナターミナル (愛知県飛島村東浜)
鍋田埠頭コンテナターミナル (愛知県弥富市富浜)
青海ターミナル (東京都江東区青海)

鈴与 静岡
1936年
鈴与 HP

1801年、初代鈴木與平(現社名はこの鈴木與平(与平)の名前を略したものが由来とされる)が駿河国清水湊で船舶を利用した物流業「播磨屋」を創業。その後明治時代に日本郵船の母体となる「郵便汽船三菱」と安田火災海上(現・損保ジャパン)の母体となる「帝国海上保険会社」の代理店となった。

鈴木家に養子入りし、1917年(大正6年)に家督相続をした六代目鈴木與平(のちに静岡県議会議長、貴族院議員などを歴任)が多角経営を始め、1918年(大正7年)には、倉庫部門を「鈴与倉庫株式会社」として分離。昭和に入ると、1929年に缶詰メーカーの「清水食品」、1933年に石油ガソリンスタンドを開設。1936年には株式会社法人の「株式会社鈴与商店」に改組(これを会社設立年度としている)。その他、1939年までに清水商工会議所、清水木材倉庫、駿遠塩業、清水運送、鈴与機械製作所、清水精機などを設立。

1941年には清水食品がマグロのインスリンを薬品として利用することを目指した「清水製薬」を設立(2002年に発行済み株式を味の素に完全売却)。戦中~戦後には「鈴与建設」(1944年)「鈴与自動車運送」(1950年)等を設立し、静岡県を代表する総合複合企業へ発展した。

近畿港運 大阪

1989年 東海運が阪神地区の港湾運送事業の基盤強化を目的に、近畿港運株式会社(現・連結子会社)の株式を取得。
丸紅 東京

1858年、初代伊藤忠兵衛が麻布の「持下り」行商を開始したことをもって創業としている。そのため、同業の伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠」)とは同根。
海運事業→エバーグリーン
藤木企業 横浜
1923年
1923年(大正12年) 藤木組創業。
昭和22年 
株式会社藤木組設立、資本金195,000円

代表取締役 藤木 幸夫。稲川会「埋地一家」の初代組長・藤木幸太郎の長男。


日立物流
1989年
株式会社日立物流(ひたちぶつりゅう)は、日立グループ及び佐川急便グループの物流会社。
原田港湾
1953年
昭和28年7月に港湾荷役事業を営業の柱として荷役専業に徹する方針のもと、事業を開始。

関連→東海運









海運会社の一覧 wiki

板橋商事 船社一覧

業績ランキング - 海運業 - 売上高順 1~20位 | Ullet(ユーレット)

リースコンテナ会社を調べてて見つけたよ_| ̄|〇
船舶およびコンテナによるコンテナ運送会社一覧

インターモーダルコンテナ




-------------------------------------------------------------

海上コンテナの時代が来る前を偲ぶ

沢山の企業の創業年を書いていると、その創業の時代はどんな風景だったのだろうかと想いが馳せます。
港には沢山の人が行き交っていたんでしょうね。
それを偲ぶ記事や画像検索結果をリンクしています。

017
はまれぽ
かつて水上生活を営んでいた人たちの生活環境とは?[はまれぽ.com]


AS20161219004716_comm
朝日新聞
世界に開いた海の扉 150年の歴史を振り返る

file0005
Google 画像検索 港 艀 水上生活

---------------------------------------------------------------------
関連日記

あぶない文豪とストレイドックス刑事(仮題)

そしてコンテナターミナルの機械化が進んでいます。
東京横浜はまだまだですがね。

飛鳥ふ頭ターミナル
飛島ふ頭南側コンテナターミナル  Tobishima Pier South Side Container Terminal

日本初となる自働搬送台車(AGV)や遠隔自働RTGを導入した自働化ターミナル

趣味的なコンテナ港の妄想散策(名古屋と清水)